続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

ボローニャで本場のボロネーゼ

 

 

f:id:hiyokocurry:20191019141100p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191019141031p:image

 

ボローニャ来ました。

目的は本場のボロネーゼを食うためです。

 

 


f:id:hiyokocurry:20191019141048j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191019141054j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191019141035j:image

 

これいちおう斜塔です。実際見たら斜めって分かるけどピサほどじゃない。

 

 

f:id:hiyokocurry:20191019180007j:image

 

ピサはほんと異常なくらい斜め。

 

 


f:id:hiyokocurry:20191019141039j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191019141024j:image

 

どーん!本場のボロネーゼ!

太一くんと合流!

 

 


f:id:hiyokocurry:20191019141051j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20191019141042j:image

 

どーん!夜もボロネーゼ!

でも実はボロネーゼはどこで食うても普通!

想像超えてくることはなかった!本場やのに!残念!

 

次は1年ぶりにベネチア

64カ国目サンマリノ共和国

 


f:id:hiyokocurry:20191017194407p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194356p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194309j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194344j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194334j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194324j:image


64カ国目サンマリノ共和国は山の上にある城塞国家でした。上からの景色がスペインのアンダルシア地方にある白い村ミハスにそっくりですね。



f:id:hiyokocurry:20191017194433j:image


Smallerって名前のレストラン。イタリア国内のトラットリアやレストランのハウスワインはもれなく安いし美味いです。



 

f:id:hiyokocurry:20191017194440j:image


前菜に牛肉のカルパッチョ



 

f:id:hiyokocurry:20191017194512j:image


めちゃくちゃ新鮮な牛肉のスライスで味付けはエキストラバージンとシーソルトのみ。ロケットとパルメジャーノを合わせて食うとそれはもうハウスワインとの相性抜群です。この店はバケットもほんのり温かくて美味しい。



 

f:id:hiyokocurry:20191017194521j:image


ロマーニャ地方の手作りパスタらしいです。名前忘れたけどクリームソースが良く合いますね。美味しかったけど後半ちょい塩辛くなってきたかなぁ。バケットと一緒に食べるとちょうどいいですね。

以上、サンマリノ共和国。

 



f:id:hiyokocurry:20191017194628p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194610p:image


イタリア随一のビーチリゾート、リミニ 。

もう10月半ばなのでシーズンオフでした。ビーチほぼ誰もいなかったです。そのかわりビーチから徒歩1分のホテルのダブルルーム、バルコニー、バスルーム付きの豪華な部屋がなんと1泊19ユーロでした!安っ!なので無駄に3泊もしてしまいました。ひひひ。


f:id:hiyokocurry:20191017194730j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194759j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194740j:image


どこにでもある普通の旧市街ですね。

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20191017194848j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194855j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194901j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017194909j:image


ここのリストランテも美味しかった!

2日連続で来てしまった!

名前忘れたけどビーチから徒歩1分くらい!

ブルスケッタカルボナーラボンゴレもティラミスも最高でした!

特にボンゴレがもう!

こんな美味いボンゴレ食うたの生まれて初めてでした!

 

 


f:id:hiyokocurry:20191017194943j:image


寿司も文句なしに美味かった!

 

 


f:id:hiyokocurry:20191017195005j:image


近所のピッツェリアで持ち帰りにしてホテルで食うたディアボロも安くてボリュームあって美味しかったです。

イタリアは底辺飯のレベルが高い!

3〜4ユーロで食える物が劇的に美味いことが多い!

もはや住めるレベルですね!

次は本場のボロネーゼを食うためにボローニャに行きます!

心残りは南米だけ

 

実は今年の4月頃、まだボクが台北に居たときなんですが、とあるケーキ屋の夜の部をゾロさんやりませんか?っていうお誘いがあったんですよね。

こないだも書いたけど台北で自分で飲食店を経営するなら少なくとも1000万円くらい初期費用が必要だという事実をちょうど知った頃だったので、良い話が来たなと思ったんです。旅もバスカーもそろそろ潮時かなってずっと思ってたしタイミング的にも運命かもなくらい思ったことも付け加えておきます。

なので割と本気で旅もバスカーもいよいよ辞めるときが来たと思ったんですよね。

でも心残りが2つあったんです。

1つは南米に行けなかったこと。

もう1つは4年前から毎年ヨーロッパ来るたびに「是非お会いしましょう!」って連絡取り合うのに会えず終いになってしまった方がいて、けっきょくその方と一度もお会い出来なかったこと。

でももうボクもわりと本気でケーキ屋さんの夜の部で何をしようか?と考え始めて、台北で会社を起こすための投資ビザを取るために準備も始めるようになったので、心残り2つは「またいつの日か」と覚悟を決めて旅もバスカーも辞める決心がついたんですよね。

ところがそのあと話を進めていくうちに大揉めに揉めて、けっきょく話は決裂して終わったんですよね。

そしてその後ボクは例年通りヨーロッパに来たわけですが、そのおかげで心残りの1つの方と、今回遂にお会いすることが出来ました。

イタリア中部のペルージャという街の郊外でヨーロッパ最大のアジアンフェスが週末3日間開催されるみたいで、その方は演者としてそのフェスに仕事で参加されるみたいだったので、ボクもそのフェスに行ったんですが、いやまぁ結果としてボクはあらためて人間関係ヘッタクソやなぁと自分自身で思いました。

その方とはお会い出来てすごい良かったし嬉しかったし、めちゃくちゃ良い人だったので本来の目的は達成出来たから良かったです。3日間毎日めちゃくちゃ楽しかったです。

その方以外にもたくさんの日本人の芸人さん達が参加されていて、芸人さん達なのでみなさん一癖も二癖もある人ばっかりで、めちゃくちゃ楽しかったんですけど、めちゃくちゃ楽しかったんですけど、やっぱりここでもボクの人間関係の下手くそっぷりが出てたんじゃないかなぁって思いました。

何をどう説明すればいいのか分からんけど、そんなつもり毛頭無いんですけど、ボクは相手の人間を不快にさせる何かがあるような気がするんですが、それが何なのか自分ではさっぱり分からないんですよね。誰かがボクを見ててズバッとそれを言うてくれたら嬉しいんですけどね。そうしないと自分では気づけないわけだから。でもそんな嫌なこと誰も言いたくないから言われないんですよね。もしくは言わせない空気をボクが出してるのかもしれませんが。知らないうちに。

結果的にもうすぐ40歳になるのに原因が何なのかさっぱり分からないからずーっと人間関係下手くそっていう現状なわけですよね。

しかもね、問題はここなんですけども

「今回こそ人間関係に気をつけてなるべく明るく積極的に話していこう!」

そう思って今回フェスに臨んだのにも関わらず、終わってみれば「あぁ。またいろんな人に嫌な思いさせてしまったんかなぁ。はぁ。」っていう結果というか感情が残ってしまったわけです。

だからね。

もういい。

もういいわ。

人間関係下手くそでいいわ。

もう治そうとか治したいとか思いません。

もういいわ人間関係下手くそで。

そのかわり他にもっと良いところあるやろボクにかて1つや2つくらい。

そっち伸ばすわ。

その方が合理的だわ。

だからもういい。

人間関係下手くそでもいいわ。

ってことに結論が落ち着きました。

その方がもうね、気も楽だわ。

誰か知らない人と会ったときに人間関係上手くならないと!上手に接しないと!って思ってたらそれだけで疲れるわ。不自然だわ。

とにかくまぁいろいろ勉強になりました。

世界中のいろんな芸人さん達に触れられたし、いろんな意味で勉強になったし、いろんな意味で刺激になりました。

海外で自分の芸のみで生きている人達はやっぱりそれだけでカッコいいですよね。

ボクも頑張ろう。

自分の好きなことだけやって生きていこう。

人間関係下手くそでもいい。

その分、他の良い部分をもっと伸ばすことを考えよう。

あらためて、そう思うことが出来ました。

なんか長年の重荷が取れてスッとした気分です。

ていうか今これレストランで飯食いながら書いてるんですけどスパゲティボンゴレが死ぬほど美味くてビビる。

こんな美味いボンゴレ食うたの生まれて初めてです。


f:id:hiyokocurry:20191017035707j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017035716j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017035711j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017035656j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191017035703j:image


イタリア人って子供っぽいリアクションする人が多い気がします。あと意外にシャイな人が多いことにビックリでした。

そしてやっぱり海外で頑張ってる日本人、カッコいいなぁって思いました。

いろんな人がいてるけど、やっぱりみんなカッコいいなぁって。

 

 

 


あとは南米だけが心残りですが、旅が終わる日は近いです。

バスカーはまだもうしばらく続けますが。

とにかく次はYouTuberや!

なれるか?

なれんの?

それはとにかくやってみるしかない!

YouTuberの収益方法

 


そもそもYouTuber達はどういう仕組みでお金を稼いでるの?ってことを調べました。それは次の6つです。


アドセンス広告
・企業案件
アフリエイト
・スーパーチャット
・グッズ製作
・コミュニティ運営


1つずつ見ていきましょう。まずはアドセンス広告

アドセンス広告

これはみなさんお馴染みの動画の中に出てくるCMのことですよね。

よく言われてるのが1再生あたり0.1円の収益になりますよってやつ。

でもこれも調べていくと一概にそうじゃないってことが分かりました。

まず10分を超える動画の場合、CMを2つ以上付けることが出来るんですって。2つ付けたら単純に1再生0.2円になるわけだから収益は2倍になりますよね。だからよくよく見ると今のYouTuber達の動画はほぼ全て10分以上ですよね。そういうことだったんですね。

さらに動画の内容によっても変わるんですって。

どういうことかというと、例えばメンタリストDaigoさんのチャンネルは内容がビジネスマン向けなので、AIのアルゴリズムでビジネスマンが興味ありそうなCMが勝手に流されるんですって。そしてビジネスマンが興味ありそうなCMの商品って普通よりも単価が高い物が多いらしいんですよ。なので1再生あたりの収益も高くなるらしいんです。知らなかったですよね。

それがアドセンス広告です。

・企業案件

次に企業案件ですが、これは企業が直接影響力のある有名YouTuberにこの商品をあなたの動画の中で宣伝してください!っていうやつですね。チャンネル登録者数が多ければ多いほど企業案件の依頼のチャンスは多くなるんでしょうね。

この企業案件。

これはもう一撃がめちゃくちゃデカイらしいですね。

コンスタントに毎月1回のペースで企業案件が取れれば、それだけで食ってけるくらいデカイらしいです。

アフリエイト

これは動画内で流されたCMから実際に視聴者が買い物した場合、その何%かが貰えるってやつです。

・スーパーチャット

はい。来ましたよ。ついにスーパーチャットです。

これを見たときますますボクはYouTuberに挑戦する価値があるなと思いました。特にボクは。説明します。

スーパーチャットは一言でいえば

「インターネット上でバスキングできる機能」

です。

ほらね!特にボクはっていう意味が分かったでしょ?

これはYouTuberが生ライブを行なって、視聴者はそのYouTuberに投げ銭(チップ)で応援できるシステムです。

チップの額は100円〜50000円で、その額によってコメントできる文字数とそのコメントの表示時間が変わる仕組みになってます。

つまりチップの額が大きいほどYouTuberに言いたいことを言えるし、それを見てもらえる可能性が大きくなるってことです。

ただ現状では1日最大で50000円までのチップしか貰えない仕組みらしいです。つまり30日間、毎日スーパーチャットして毎日5万円貰えたとしても、1カ月に最大150万円にしかならないってことです。

いやいや150万円にしかならないって言うけどお前150万円ってすごいやんけ!と思うでしょ。

確かにそうなんですけど永続的ではないし、それなら動画にもっとチカラ入れて良い物を作り続けた方が効率がいいんでしょうね。


そして1番の理由はここだと思うんですけども、30〜40%はYouTube側に手数料として持ってかれてしまうんですよね。つまり150万円なら40%持ってかれた場合、手元に残るのは90万円ってことになります。

だからあまりスーパーチャットをしているYouTuberを見かけないのはそういうことなんだと思います。

でもボクの場合に置き換えたらね、ボクもYouTubeのチャンネルはいちおう5年前くらいから持ってますけど、5年経った現状はチャンネル登録者数45人くらいで、最も多い再生回数の動画がウクライナのリビウって街でバスキングしてるときに撮ったホテルカリフォルニアの動画で5000回弱なんですよね。

これを今からボクが音楽チャンネルとして成功させるのって、それこそ絶対不可能やと思うんですよね。めちゃくちゃスーパーミラクル上手い演奏家達がYouTube上に数え切れないほどおるわけですからね。

でも全く違う新しいチャンネルを作って、どの年代に向けて、どういう目的で、その為に何を作ってと、明確に番組制作していけば、絶対間違いなく今持ってるボクのチャンネルよりは伸びると思うんですよね。5年経って45人くらいですよ?それくらいは一瞬で超えるはず。超えてくれな困る。


ほんである程度、例えば登録者数が1万人超えた辺りでスーパーチャットでバスキングを定期的にすればね、別にそこは視聴者の方達もボクを音楽のプロなんて目で見てないわけだから、ある程度の演奏でも「おー!意外と弾けるし歌えるやんゾロ!」ってなって楽しんでもらえると思うんですよね。その結果収益にも繋がると思うので、そういう意味でもYouTuberに挑戦するのは決して悪手ではないんじゃないかなって思うんですよね。スーパーチャットの説明長っ。


・グッズ制作


これは今現在やってますよね。UUUMっていうYouTuber達をマネージメントする会社があるらしくて、トップYouTuber達が所属しててね、今ローソンとコラボして人気YouTuber達のいろんな種類のグッズがローソン店内で買えるみたいですよ。


・コミュニティ運営


最後にコミュニティ運営ですが、要はこれはオンラインサロンのことらしいです。


オンラインサロンて何?ってことなんですが、ウィキペディアによると


「オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティの総称である。 作家、実業家、アスリート、ブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。 ウィキペディア


ってことらしいです。


メリット、デメリットもいろいろあるみたいですがここでは触れないでおきます。


オンラインサロンといえばキンコン西野さんが有名ですよね。会費は月1000円。サロンメンバーは3万人超え。つまりオンラインサロンで毎月3000万円以上稼いでるのは超有名な話です。


ホリエモンのオンラインサロンも有名ですよね。会費がなんと月10800円。え、高っ!サロンメンバーは1600人くらい。え、少なっ!って思うけど単価が高いから月1700万円にもなりますよね。しかもサロンメンバーの質が高いというのが予想されますよね。本気率の高い人が多いだろうし、すでにそこそこ成功しててさらにその上を目指してる人達が集まってる可能性が高いですよね。じゃないと普通の人は毎月10800円も払えないですよね。


以上です。


この6つがYouTuber達の収益方法なんですね。


調べる前はぜんっぜん知らなかったですわ。


これらを自分に当てはめるならば


アドセンス広告
アフリエイト


この2つをメインに戦術を立てていって、ある程度伸びたところで


・スーパーチャット


これをたまに入れて視聴者との交流を深める。


って感じでしょうね。その先を考えるのはまだ時期尚早だし、あくまでYouTuberはその次にある本当の夢を叶える為のステップに過ぎないわけですからね。


逆説的にいうたらYouTuber失敗したとしても違うアプローチはあるっちゃあるわけですが。


いやいやでもでも!


ここまで調べてきたからにはYouTuberとしてある程度成功してから、世間に認知してもらった上で、次のステップにいきたいですよね!ていうかそうならないと困る!困るんだよ!それが戦略なんやから!


でもね!


でもね!


大きな問題があるよね!


前回も書いたようにボクがメインにする2つ


アドセンス広告
アフリエイト


これらは0.1%のトップYouTuber達に集中してるっていう現実ね。企業の立場になれば当たり前ってやつね。


・・・・・。


はぁ。


マジ参ったわ。


いやー


でもねー


ここまで調べて、調べれば調べるほど絶望的やのにワクワクすんのはなんでなんやろか?


ははは。


まぁこないだも書いたけど、ぶっちゃけやってみなわからんし。


やってみてダメでも、費用の面で言えばたかだか100万前後やし。


本当の夢を叶える為のアプローチも違う方法は必ずあるはずだし。


今のままずーっと旅しながらバスカー続けんのはもう正直飽きてるし。


そう考えるともう選択肢は1つ


やる!


この1択しかないですよね!


そんなわけで


YouTuberにオレはなる!(どーん!)


どこかの海賊王みたいなこと言うてますけども、とりあえずまだイタリアなので台湾戻るまで気を引き締めながら5年を超える長期旅行の最後を楽しみたいと思います。


ついにボクにも旅の辞め時が来たんだね。

Youtuberになるためにいろいろ調べてみた

 


YouTuberになるためにいろいろ調べました。

まずは基本的に収益化に成功しなければ話しが始まりませんよね。

でも前回も書いたけど9割が収益化にすら到達できない現実がデータとしてハッキリ出ています。10人中9人がそこにすら辿り着けないと。超ハード。

その収益化の条件は2つ。

・チャンネル登録者数1000人
・再生時間4000時間(過去12カ月の総再生時間)

この2つのみです。この2つがYouTuberになるための最初の大きな壁と言われてるみたい。

もちろんポリシーに反してるチャンネルは論外です。(例えばポルノだとか誹謗中傷だとか)

この2つの条件を満たした段階で自動的に収益化の審査に入るらしいです。

ただその審査は今の所YouTubeが手動でやってるらしく、早ければ1カ月以内、遅かったら半年くらい待ってようやく収益化できたYouTuberもいるらしいです。早いか遅いか。この辺は運ですよね。

 

 

 


次に動画への評価の条件です。

みなさん良い動画って再生回数がどれだけ多いかと思ってますよね?ボクもそう思ってました。

実際過去そうだったらしいんですよ。

まだYouTubeYouTube株式会社だった頃は、動画の評価は再生回数がどれだけ多いかだったらしいんです。

その後GoogleYoutubeを買収して今に至るわけですが、実は韓国のとある企業がやらかしよったらしいんですよ。

(念のために書いとくけど日韓問題に関わるつもり一切無いです。)

なんかね、1秒で何万回数って再生されるような機械を作って使用したらしいんですよね。

おいおいおい!と。

そんなことされたらどれが本当に価値ある動画か分からんようになるやんけ!と。

そしてGoogleが新しく動画を評価する基準を作ったらしいんですよ。

まずね、従来の再生回数。これをやめようと。完全に。

そうなんですよ今は再生回数って全く評価の対象にされてないんですよ。知らんかったですよね?ボクもぜんぜん知らんかったです。

その上で新しく出来た評価の基準が次の5つです。


・再生時間
・最後まで再生された回数
・高評価数
・コメント数
・初動が大きいか(アップして24時間以内の上記4点の動きを評価)


まず評価の対象が"回数"から"時間"に変わったんですね。

・再生時間

どれだけ長く再生されてるか?っていうのが評価の対象になったんですね。

だから最近のYouTuberの動画って1本1本が長くなってきてるんですね。

・最後まで再生された回数

次に最後まで再生された回数が評価されるんですって。

みなさんも動画見ててもおもんないなって思ったらすぐその動画から離脱するじゃないですか?

でも本当に面白かったら最後まで見ちゃいますよね?気づいたら最後まで見てるじゃないですか?

そういうことらしいんですよ。

ここがYouTuber達のジレンマって言われてて、ただ再生時間を長くしただけではダメってことです。面白くなかったら最後まで再生されないわけだから評価されないわけです。

・再生時間
・最後まで再生された回数

この2つの条件により、YouTuber達は本当に面白い物を提供しないと勝てなくなってきたわけです。おもしろいですよね!Googleってやっぱ凄いよね!

・高評価

これは「いいね!」ボタンの数ですね。

だからYouTuber達は番組の中で「いいねボタン押してね!」って言うんですね!ちゃんと意味があったんですね!

・コメント数

これもコメントを誘発しやすい動画を作ればいいわけです。だから炎上物YouTuber達が存在してるんですね!

前回書いたけどカジサックさんが毎日3時間かけてコメントを全て見てるっていうのはここに意味があったんですね!

中田さんもコメント全部読んで出来る限りハート押してるって言うてたんですけど、なんでそんなことしてんの?って不思議に思ってたけど、そうすることでまた次回コメントしてもらえるよう誘致してたんですね!知らなかったわー!

・初動の大きさ

最後にこれですけどアップしてから24時間以内の再生時間、最後まで再生された回数、高評価、コメント数の全てがどれだけ大きく動いたか?ってのが評価されるんですって。

だから最近のYouTuber達は「毎日19時に更新!」とかチャンネルの紹介文に書いてたりするんですね!これは初動の大きさを狙ってたんですね!

全部意味があったんですね!おもしろいよね!

調べれば調べるほどワクワクするよね!

この5つを全く知らずに動画を作るのと、5つをキチンと理解した上で動画を作るのとでは結果に大きな違いが生じるでしょうね!

でもこれって平たくまとめたら、本当に面白い動画を作ってくださいね!そうじゃないと淘汰されていきますよ!ってことですよね。

本物じゃないと生き残っていけない。

もうまんまリアルの社会と一緒ですよね。ボクはついこないだまでまた飲食店を台北でやろうとしてたけど、そもそも飲食店だって同じですよね。

もうこれからの時代は本物じゃないと生き残っていけないですよね。

3Dプリンタで全ての料理を作れるようになれば、例えばボクはこの記事を書いてたとき北アイルランドに居たんですけども、北アイルランドに居ながら北海道の味噌ラーメンを注文して3Dプリンタで送信してもらって食べれちゃうっていうね。そんな時代がわりとすぐそこまで来てるっていうのがリアルで実感できる世の中になってきたわけですからね。ボクらが生きてる時代に余裕で来るらしいからもはや確約された現実ですよね。

イメージしやすいように言えば、UberEatsの配達エリア、世界です!ってことですからね。

北海道の有名店の味噌ラーメンが世界中から注文きて3Dプリンタで送信するってことですからね。

逆説的にいうたらどれだけ美味しい本物の料理を作ってる飲食店でも3Dプリンタに対応してなかったら「え?あそこ3Dプリンタ対応じゃないの?マジで?この時代に店まで来いと?ありえない!」って言われてしまう時代になるってことですからね。

"飲食店は90%場所"

この神話が崩壊する時代がもうすぐそこまで来てるんですって。

そして本物だけが生き残る時代がやってくるわけですよ。

話しそれたけども、要はそれと全く同じですよねYouTuberも。本物の動画を作らないと生き残っていけないわけです。

ほらね、甘くないでしょ?

YouTuberってそんな甘くないんですよね。

調べれば調べるほどそれがよく分かってきましたよね。

いやー

ぶっちゃけ足すくんで二の足踏んでまうわー

正直怖いよねYouTuberに挑戦するの。

前回も書いたけど全て未経験でパソコンすら何買えばいいかわからん現状ですからね。

そのうえに上記で書いた条件達ですよ。

ほんでね

ほんでね

さらに調べていくうちにまた新しい事実が出てきましたよね。

良い広告は上位0.1%の有名トップYouTuber達に集中するんですって。

よく考えたら当然のことですよね。企業がお金掛けて宣伝するんやから。出来るだけ沢山の人達に見てもらわないと意味ないんやから。

これどういうことかっていうとね、つまりYouTubeは新規参入が超難しい世界ってことなんですよ。

・・・・・。

・・・・・。

・・・・・。

ははは。

いや

ちょっと参ったよね。

まぁボクの気持ちの部分はいったん置いといて、企業広告の話しも出たことだし次回はYouTuberの収益方法を書こうと思います。

Youtuberになります!

 

 


ボクはYoutuberになります!

これが次のステップです。

うわー言うてもうた。

もう後戻りは出来んわ。

知らんけど。

 

 

 

 

 


いやいやいやいやいや!と。

Youtuberってそんな甘いもんちゃうぞ!と。

ですよね。

その通りです。

実際思い立ってからYoutuberについていろいろ調べてみたので、たぶんその辺の人よりも詳しいと思います今のボク。

まずね、収益化にすら到達できずに辞めていく人が9割なのが判明しました。

つまり10人中9人は収益化にすら到達できていないという現実がそこにありました。

さらに収益化に成功してなんとかギリギリの生活で食べていけるよっていうのは全体の3%であることもデータとして判明したそうです。100人中3人。年収でいうと150万円くらいだそうです。ほんとにギリッギリですよね。

さらにさらにその3%の中で何百万とか稼ぐ人は全体の0.1%にも満たないらしいです。1000人中1人未満。

さらにさらにさらに収益化に成功したYoutuber達がチャンネル維持をする為にハンパない時間と労力を費やしていることも判明しました。

オリラジ中田さんが言うてましたけど、自分のチャンネルの為に毎日10時〜16時まで6時間、読書に費やしてるらしいです。カジサックさんは全てのコメントに目を通すだけで毎日3時間かけているそうです。有名YouTuberのヒカルさんていう方は編集の鬼でおそらく毎日10時間は費やしてるんじゃないか?と言ってました。トップYouTuberのヒカキンさんは毎日配信で、ほぼ毎日家に引きこもって録画編集作業。食事はもっぱら出前かコンビニらしいです。何億って稼いでる人がです。

メンタリストDaigoさんは、YouTuberを目指すくらいなら弁護士になるために勉強した方がよっぽど稼げるんじゃないかと言ってました。

それらのデータと現実を理解した上で、じゃあ現段階のボクは?

全てが未経験です。

脚本
役者
撮影
編集作業
宣伝活動

全部やったこと無い。

全てが未経験な上に、全てをほぼ1人でやらないとダメなわけですから。

どんなカメラを使って、どんなマイクを使って、どんなパソコンを使って、どんな編集ソフトを使っていいのかすら1mmも知らない状態ですから。現段階で。

さらに何年も書いてるこのブログ。

読者数、ほとんどいないです。おまけにインスタもツイッターもやってません。

唯一Facebookはやってて友達は世界中に1800人くらいいるけどみなさんご存知の通りほとんどの人達がFacebook離れしてるのが今の現状です。

つまり現段階でボクの影響力は限りなくゼロに等しいです。

いやこれね、正直ね、めちゃくちゃ、めちゃくちゃ厳しい道だと思ってます。

なのでいきなりYouTuberとして生きていくのは200%無理なので、バスカーやりながらの副業でやっていこうと思ってます。最初の目標は収益化まで持っていくことになります。が、それすらも相当難しいと思います。なんせ9割がた収益化にすら到達してないんやから。

その反面

調べれば調べるほどワクワクしている自分に気づきました。

だってね

ぶっちゃけやってみなわからんやん。

とりあえずやってみなわからんやん。

やってみてあかんかったら仕方ないけど、やりもせんのにどーせ無理って諦めてしまったらその先にある本当の夢なんか到底叶えることなんて出来ないやん。

シンプルに考えて初期費用でいえば相当格安で挑戦できるんですよね。

もし台北で飲食店やるなら1000万円くらい掛かるんですよ。

は?台湾で?って思うでしょ?

実は台北、めちゃくちゃ家賃高いです。今や東京より高いってのは常識らしいです。(ちなみにボクは昔、大阪市内でカレー屋さんを経営してましたけど初期費用は330万円でした。大阪安いよね。)

それに比べたらYouTuberとしての初期費用としては、どれだけ良いパソコン、カメラ、マイク、編集ソフトを揃えたとしても100万円以内に収まるでしょ。単純に考えてリスクは10分の1です。

拘束時間にしても飲食店でランチ、ディナーやるなら毎日10時間以上は当たり前ですし。

じゃあYouTuberとして初期費用100万円掛けて、毎日10時間掛けて動画を作っていけば未経験の素人のボクでもある程度のクオリティの動画は作れるようになるんちゃうかなって。最初は大変やろうけど必ず慣れてくるしコツも掴むはずだから。

それにボクは今現在、バスカーとしては成功してる部類に入るんじゃないかなぁなんて思うんですよね。

最初は稼げなくて大変で野宿とかして食パンとかかじってたけど、だんだん慣れてきてコツを掴んで5年経った今では1泊50ユーロくらいなら躊躇いながらも泊まれるようになったしほぼ毎晩レストランで飯食えるようになったので、ボクの中では成功してるにカウントしてもいいかなぁなんて。

そのノウハウが本当に間違っていないのか?

培ってきたノウハウでYouTuberとしても成功できるのかどうか?

畑は全く違うんやけどビジネスとして捉えたときベースは絶対同じはずやから。そう信じてるから。

それを純粋に試してみたいって気持ちもあるんです。

失敗したとて、しれてますよ。たかだか100万前後ですし。

だからボクはYoutuberになることにしました。

こんなにワクワクするの超久しぶりです。

イデアや構成はすでに頭の中にあります。

どんなチャンネルにして、どの年代に向けて、どういう目的でというのも明確に描けています。

上手くいけば向こう2年でYoutuberを引退して次のステップに移行できればいいなと思ってます。絶対そんな甘くないけど。

それらを思い描いた通りに寸分の狂いもなくカタチに出来るかどうかがキーになると思います。なんせ全部やったことない事ばかりだから。

ね?おもしろくなってきたでしょ?

「失敗しろこの世間知らずのゾロが!」って思うでしょ?

分かるわー

これ読んでる数少ない人達の気持ち分かるわー

ボク嫌われてるからな!ぐはは!

次回は忘備録も含めてYouTuberについて調べたことを書いていこうと思います。

はー

まさかボクがYouTuberを目指す日が来るとわなー

人生ってほんと何があるかわからんわー

イタリアが楽しすぎる!!!

 


すいません!

 

イタリアが楽しすぎるので次のステップの話はまた今度で!

 

 

 

10月の初めから太一くんとアムステルダムで合流して、オランダ、ドイツ、イタリアと、1週間まるまる遊び尽くしてました。

今はボク1人でフィレンツェにいます。

なのでまたボチボチ更新していきます。

誰かとおるとブログ忘れるね。


f:id:hiyokocurry:20191011041834j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011041821j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011041827j:image


これは太一くんとアムステルダムで合流する前夜祭。1人で北アイルランドの首都ベルファストで贅沢してやりました。ひひひ。

太一くんと遊んでると2人とも写真まったく撮らないので今見返してもほとんど写真無いです。


f:id:hiyokocurry:20191011041907j:image


アムステルダムで買った手土産の激ウマチーズ。

イタリアでずっと前から、4年前から会いたかった方に、ようやく会えることになったので。アムステルダムで撮った写真この1枚だけ。ひひひ。

そういえば何て名前か忘れたけどアムステルダムで食うた濃厚鶏塩ラーメンがめちゃくちゃ美味かったです。台北にあれば通うレベルでした。お店何て名前やったんやろ。

ドイツの写真は1枚も無いけど、フランクフルトで無垢って名前のラーメン居酒屋みたいなお店に行ったんですけど、ボクの中で海外のジャパレスでナンバーワンでした。ユトレヒトの高乃助超えた。台北のどの日本食レストランよりも全てが群を抜いて美味しかったです。まさかのドイツで。

鳥肝のお造り
本マグロのお造り3種盛り
手作りツナのポテトサラダ

一口一口美味しくて、すごくゆっくり味わって食べました。いつもめっちゃ早く食べてしまうのに。

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20191011041958j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042005j:image


1年ぶりにジェノバで本場のジェノベーゼを。

これを太一くんに食わせたかった!

 


f:id:hiyokocurry:20191011042033j:image


アペリティーボもやりました。ひひひ。

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20191011042120p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042108p:image


そして太一くんと別れて今回のヨーロッパ旅で初めての街、フィレンツェにやって来ました!

 


f:id:hiyokocurry:20191011042454j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042408j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042445j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042426j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042418j:image


うわーミラクル大観光地やん。

日本人も多い多い。

 

 


f:id:hiyokocurry:20191011042517j:image


そうそうイタリアはコーヒーがうまい国。

 


f:id:hiyokocurry:20191011042540j:image


本場のモッツァレラって味が濃厚でちゃんとある。

 


f:id:hiyokocurry:20191011042602j:image


アーリオオーリオペペロンチーノ。言いにくいわ。

 

 

f:id:hiyokocurry:20191011042631j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042624j:image


タリアータ。イタリア風牛肉のタタキ。

 

 

f:id:hiyokocurry:20191011042658j:image


カタラーナ。クリームブリュレみたいなん。

 


f:id:hiyokocurry:20191011042748j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042733j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042757j:image


フンギピッツァ。

 


f:id:hiyokocurry:20191011042912j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042835j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042900j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011042852j:image


ちょっと良いお店。暗くてぜんぜん写真見えないね。

ポルチーニ茸のタリアテッレと本日のタリアータ。

まあ1人で食うてもね。って感じ。

 


f:id:hiyokocurry:20191011043724j:image


ジェラートは相変わらず美味い。特にピスタチオ。

 

f:id:hiyokocurry:20191011043201p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011043405p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011043129j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011043209j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191011043218j:image


ピサにも行きました。

思ってた以上に斜め!

これ写真ではまったく伝わらないですよ。実際にあの場所に立って見てみないとあの斜めっぷりは伝わらないですよ。ありえないもん。今までの人生であんな巨大な塔があんな斜めに傾いて立ってるとこなんか見たことないもん。

 


f:id:hiyokocurry:20191011043323j:image


猫背!