続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

頑張ったご褒美!

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20180920153750j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153838j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920154002j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153947j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153920j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153805j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153850j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153907j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153828j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153914j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153902j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153925j:image


f:id:hiyokocurry:20180920154015j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153930j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920154008j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153856j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153834j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153942j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153822j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153758p:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153810j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153817j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153935j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153845j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153957j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153746j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180920153951j:image

 

 

毎年会ってる大好きな友達に今年も会えたし、実に7年ぶりにたまたま再会出来た友達もいたし、まさかこんなとこでこんな出会いがあるとは、初対面やのに不思議と会話が弾んで絶対また会いたいと思える素敵な女性と出会うことが出来たし、毎日毎日、昼も夜も美味しいものをたくさん食べれたし、久しぶりに上から下まで服を全て新調してバチッとオシャレして気分も上がったし、生まれて初めてドレスコードのあるレストランでディナーを楽しめたし、去年に引き続き今年もロンドンは最高に楽しかったです!

嫌なこともたくさんあったけどロンドンが全て吹っ飛ばしてくれた!

これから数日間オランダ辺りでヨッシーと合流して遊んだら、その後はいよいよ憧れの南ヨーロッパ旅の始まりです!

生きてるうちに孫を抱きたいそれもわかる気がするなるべくいい子を探したいと思っちゃいるけど

 

 

こないだふと自分の将来についてぼんやり考えていました。

あと2カ月ほどでボクは39歳になるし来年はいよいよ40歳やなぁと。

40歳てすごいよなぁ。

ハタチくらいの子達からしたら、もう初老やんな。

とか考えてたらとんでもない事実に気づいてしまいました。

仮にボクが来年40歳で誰かと結婚して同時に子供が出来たとすると、子供が20歳になったときボクは60歳。

もし子供もボクと同じように40歳くらいに結婚して子供が出来たとしたらボクはもう80歳なわけで、なんやったらもうこの世にいてないかもしれないなと。

これもしかして40歳っていうのは自分の孫に会えるか会えないかの節目かもしれないなと。

そんなことを考えました。

もうそんなことを考えないといけない年齢に達そうとしてるんやなと。

いつまでも世界中を気の向くままに自由に旅をするのか、それとも孫に会える人生を送るためにそろそろどこかで落ち着くのか。

これいよいよ本気で考えないといけない時期が来とんやなと。

数カ月前ですが、オーストラリアのサキとLINE電話で喋ってるときに言われたんですけども、女の子は若いうちから結婚を意識してて、どうしても相手の職業とか仕事を大きなポイントとして見てしまうと。だから婚活するにしてもしっかりと土台を持ってるとか安定した仕事についてたりしないと、そういうところ見られるからなと。男はしっかりした仕事を持ってたら態度や雰囲気に自信が滲み出てくるもんやしその方がカッコええよと。

女の子って現実をめっちゃ見るっていうのは昔から知ってたけど、その理由が今回初めてボクにもなんとなく分かるような気がしました。

ボクは40歳を手前にしてやっと自分の人生において孫に会える会えないのリミットがあることに気がつくことが出来ましたけども、女の子はそれこそ10代の頃から子供を産む産まないのリミットを知っていて、それを意識してるのかもしれませんよね。だからこそ理想よりも現実をしっかり見るのかなって。

それらを踏まえて今のボクを客観的に見てみると、やっぱりバスカーなんて女の子からしたら「は?」の一言で一蹴されるやろなぁと。

いくら稼げるとかもはや問題にすらならなくて、それ以前の問題やなと。

せめて同じ場所でずっと安定して稼げるのなら話は別ですけども、ボクみたいな「世界一周してます」バスカーなんて論外ですよね。だって常にいろんな国に足を運ばないと稼げないんやもん。

心からの本音を正直に言いますけども

「世界一周してます」

この看板無しで今ほど稼げる自信100%無いですもん。

ボクは今までいろいろと勘違いしてたなと思います。いろいろ思い上がってたなと。

もっともっと心から感謝しないとなぁと思います。

あと1年ちょい。

ボクは40歳までにはこの旅を終えないといけないなと。

そう思います。

 

人生は思った通りになる

 


先日の記事にも書いたように、最近のボクはギターにすごくハマっていてバスキングにもインストギターを数曲取り入れるようになったわけですが、インストギターを弾くようになって1音の重みというか大事さを思い知らされている今日この頃です。

コードを抑えてストロークなりアルペジオなりしながら歌うのとは違い、ギターインストはもろに1音1音が聞こえるのでミスしたらすぐバレるし、ミスどころか少しでも指先が弦に引っかかったり違う弦に触れてしまったりするだけで音が消えたりカスったりして不協和音になったりするし、押さえ方が強いと勝手にハンマリングオンが鳴ったり微妙なチョーキングが掛かってしまうし、本当に1音1音の響きや間隔なども考えて大事に大事に弾かないといけないなぁと心がけて弾くようになりました。

ギターって難しいです。

でも上手く弾けたときの心地良さったらないです。

でもやっぱりたくさんミスしてしまいます。

たった3分ほどの曲でも、何回もミスしてしまいます。

一曲を通して一度たりともミスしないで弾けることなんて稀というか奇跡レベルです。

100回弾いたくらいじゃまだまだミスします。

200回でも同じこと。

300回くらいからミスが減って来るような気がします。

400回に突入してやっとミスするの1回か2回くらいです。

500回にはまだ到達してないのでわかりません。

これはあくまでボクの場合ですが。

でも総じて言えるのは最初は全く弾けなかったんです。当たり前ですが。

おそらくもうすぐ500回くらいに突入するビートルズのIn my lifeは今では3回に1回は一度たりともミスしないで弾けるようになりましたが、最初はミスどころか曲そのものが弾けなかったです。

次に覚えたHere come the sunとかI wanna hold your handはいまだに一度たりともミス無しで弾けることは稀です。でもやっぱりこれらも最初は曲そのものが弾けなかったです。

今練習してるAll my lovingは練習を始めて3週間経ちますけどまだ最後まで曲そのものが弾けていないです。でももうすぐ最後まで弾けるようになりそうです。うっすらですしビビるほど何回もミスしますけども。

ボクの場合ですけども、おそらく1000回くらい弾いたら十中八九、人前に出て演奏したとしてもミス無しで弾けるようになれるのかもしれません。

そうなるためには3分の曲なら3000分の時間をかけないといけないことになります。

たった1曲でおそろしいですよね。

だけどこれもおそらくですけど、だんだん回数は減って来ると思います。

1000回重ねないと完璧にミス無しで弾けるようにならなかったのが900回、800回、700回・・・と曲を重ねていくごとに減っていくんやないかなぁと思います。

「板についてくる」って言葉があるけど、それに当たるというか。

人生は思った通りになると言いますけど、本当に人生は思った通りになるんやないかなぁとギターを弾いていると思ってしまいます。

こないだJason MrazのI won't give upをレパートリーに入れましたけど、これだって最初は曲そのものが弾けなかったし、リリックもさっぱり知らなかったです。

でも良い曲やなぁと思って、弾きたいなぁ、歌いたいなぁと思ったから調べてやってみたらレパートリーに入れることが出来ました。

もちろんインストギターと同じようにレパートリーに入るまでは何回も何回も何回も何回もミスしましたけども、どうしてもレパートリーに入れたいと思って練習したら出来るようになりました。上手い下手は別にして。

でもあきらめた曲も今まであったように思います。ギターが難し過ぎるとかリリックがさっぱり追いつかないとか理由はいろいろあったんでしょうけども、ようはそこまで歌えるようになりたいと思わなかっただけなんじゃないかなぁと思います。

どうしても、どうしても、どうしても、やりたいと思ったことは、やっぱりどれだけ失敗を重ねたとしても、やがては出来るようになってしまうもんなんじゃないのかなぁなんて思います。それは曲の話しだけじゃなくて、この世の出来事全てにおいてです。

大袈裟かもしれませんが、そう思うのです。

やっぱり人生は思った通りになるのです。

【ブリティッシュエアウェイズ】前代未聞、未曾有のハッキング事件勃発

 


1カ月ほど前からなんですけど、理由はなんでかわからんのですけどキーが半音から全音上がりました。この4年間、少しずつ少しずつキーが下がっていく一方だったので、ここへきて上がる意味不明さに不安を覚えています。

良い事なのか?それとも悪い事なのか?

ともあれキーが上がった事にともない全音下げだったギターのチューニングをデフォルトに戻したわけですが、明らかに弦のテンションが変わってめっちゃ弾きにくくなったし指痛くなりやすくなってしまいました。

そのかわり7カポの曲が弾きにくくてしゃあなかったのが5カポになって弾きやすくなったり。

なんでも一長一短やなぁ。

そんなことより大事件勃発です。

ご存知の方も多いやろし被害に遭われた方もいらっしゃると思いますが、8月21日から9月5日までの期間にブリティッシュエアウェイズのホームページおよびアプリなどからブックした全ての顧客情報がハッキングにより盗まれるという大事件が勃発しました。

流出した顧客情報は38万件。

個人情報はもちろんクレジットカード情報も全て盗まれたみたいでボクのとこにも度々ブリティッシュエアウェイズからメールが届きました。

というのもボクも8月22日にアムステルダム行きのチケットをブリティッシュエアウェイズで取ったからです。

おもいっきり期間内で確実にボクのクレジットカード情報も流出してました。

ボクは今は旅中のブッキングは全て台湾の銀行のカードを使っているので、すぐに台湾の銀行にネット電話をして事情を説明して残高を確認してもらいました。

幸いボクのアカウントはまだ被害を受けていませんでした。そしてすぐに銀行のスタッフがカードを止めました。

ボクはもちろん他にも銀行口座があるし別のクレジットカードも持っているので大丈夫でしたけども、仮に台湾の銀行口座のみしかなかったとしたら相当の期間足止めをくらってたと思います。なぜならカードの再発行の方法は2つしかないからです。

1つ目、ボクが台湾に戻り銀行に足を運んで再発行してもらう。

いやだからこれカード止められた後にどないして台湾に戻るための航空券買うねん!て話しです。

2つ目、信用出来る台湾の友達に止まってしまったカードを郵送で送って、その友達がカードを持って銀行に行って再発行してもらう。

これ郵送に約1週間から2週間、再発行に2週間かかるみたいです。

仕方ないのでボクは2つ目を取って昨日、台湾の友達にカードを送りました。

無事にカードが再発行されるまで、これから約3~4週間くらい掛かりそうです。

もうほんと勘弁してよって感じです。

これから世界はキャッシュレス化に向かって行くのはまぎれもない事実なので、今後また同じような事や他に何かあったときの対策を個人としても考えておくべきやなと思いました。

具体的な対策例が何一つ出てきませんけども。

Marry you

 

 

最近はビートルズのMother nature's sonがレパートリーに入りました。

昔は弾き語りが難しい曲でしたけど、やっぱりなんやかんや言いつつボクも少しずつ成長してるんでしょうか。まぁそれなりに弾き語れるようになりました。

短い曲ですが、とても良い曲です。

それからケージドシステムをなんとなく理解したのでこれからどんどん応用出来るようになりたいなぁなんて思ってます。

ついこないだ6弦のペグが壊れてチューニングが合わなくて困りましたけども、6弦が無くてもケージドシステムをなんとなく理解してたので、まぁなんとかなりました。クラプトンのTears in heavenはなんともならんかったけど。

ケージドシステムっていうのは指板上でCAGEDポジションで弾くと同じ和音になるってやつです。これ慣れてくると指板の端から端まで押さえてるポジションさえ外さなければどこ弾いてもそれなりにソロっぽく聴こえてしまうってやつです。

ギターってほんと奥深いように思えてシンプルで、シンプルのように思えて奥深い楽器やなぁと思います。

ギターを作ったのは実は人間ではなくて神やったのかもしれませんね。

ボクはバツイチで29歳の時に一度離婚をしているのですが、それからかれこれ10年ほど経つ今でもまだ結婚願望が強いです。話の変わりかた急。

3年ほど前からBruno MarsのMarry youを世界中で歌ってますけども、ほんまボクの運命の人はどこで何をしとんやろか?と思います。

もう出会ってる誰かなのかな?

それともまだ出会ってない誰かなのかな?

日本人かな?

それとも外国人なのかな?

優しいかな?それともキツイかな?

話は合うかな?それともケンカばっかりかな?

年上かな?年下かな?それともタメかな?

背は高いかな?低いかな?

可愛いかな?スタイル良いかな?

子供はできるかな?できるなら何人できるのかな?

男の子かな?女の子かな?それとも両方かな?

お互いずっと好きでいられるかな?それともなんでこんな人と結婚したんやろと後悔するのかな?

 

 

 

 


なんかだいぶ昔にもボクこんなこと書いたような気がするなぁなんて思ってネットで探してみたら、ありました。実に7年前にもボク似たようなこと書いてました。

だいぶ長ったらしいですけども。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年12月8日の日記

タイトル
「その為に」


ボクの彼女はめちゃくちゃカワイイ

目はくっきり二重で黒目がちでまつ毛も長くて

スッとした鼻に綺麗な唇

なによりサラサラでツヤツヤで肩まである綺麗なそれは綺麗な黒髪がめちゃくちゃ素敵だ

凛とした顔も綺麗なんだけど

えくぼのある笑顔がなにより素敵だ

化粧だって上手にするし

服だってオシャレだし

間違いなく世界で一番カワイイ

 


スタイルだって抜群だ

ドレスからのぞく鎖骨はキレイだし

おっぱいだって大っきい

けど大っきい過ぎないんだぜ

ちょうどいい大きさだから形だって最高だし柔らかすぎて死ねる

乳首だってめちゃくちゃ綺麗だしピンクだぜピンク

肌は透き通るように白いし

くびれがすごい

お尻なんか一日中飽きずに眺めていられるね

脚も細くて長いしもう完璧パーフェクト

間違いなく世界で一番カワイイね

だから毎日SEXしてるもんね

 


性格も相性も不思議なくらいバッチリ合うんだよ

ふと声が聞きたくて電話しようと思って携帯持った瞬間

彼女から着信あったりするんだぜ

ボクがボケたら絶対ちゃんとツッコんでくれるしさ

いっつもくだらん遊びを2人で考えて遊んでアホできるしさ

一緒にTV見てても笑うとこ一緒でツボ一緒やしさ

映画見てても泣く場面一緒やしさ

いっつも膝枕して耳そうじしてくれる

けどいっつもそこからボクがふざけて彼女のおなかこちょばしてケラケラ笑いながらいつのまにかまたSEXしてる

2人でお出かけするときはいっつもずーっと手を繋いでるし

人と合うときはいっつも男のボクを立ててくれる

んで

帰って2人になったとたんなぜかめちゃくちゃ甘えてくるから可愛い過ぎてまじ世紀末

地球がやばい

オレやばい

 


彼女の一番好きなとこは

ボクのことを一番好きでいてくれているとこだ

だからボクは彼女といると自然体でいられる

彼女といるととても落ち着くんだ

 

 


ボクは世界で一番彼女のことが好きだ

だからボクは彼女と結婚するんだ

 

 

 

 

 

 

朝いっつも起こしに来てくれる

部屋もいっつも綺麗にしてくれてる

いっつも美味しいご飯作ってくれる

たまにボクが作ってあげると

「やっぱりゆうちゃんの料理めちゃくちゃ美味しい!これどうやって作ったの?」

って喜んでくれる

けどボクは君の作ってくれる料理の方が好きだよ

服脱ぎっぱなしにすると怒るけどちゃんとたたんでくれる

たまにケンカもするけど気がつけばいつのまにか2人でTV見て笑ってる

 

 


本当に頑張って女の子と男の子を産んでくれた

娘は君に似てめちゃくちゃカワイイし

息子も君に似てるから将来めちゃくちゃイケメンになるな

ボクが子供らと遊んでると

「子供が1人から3人に増えて大変」っていっつも言うけど

その顔が幸せそうで嬉しくなるよ

 

 

 

ママになっても君は一生懸命いつまでも綺麗な女性でいるように努力してくれる

おかげでボクはいっつもまわりのやつらから「堀井さんの奥さんほんといつも綺麗ですね」って言われて鼻が高いよ

体がついていかないけど今だってほんとは毎日君とSEXしたいんだよ

ほんとうだよ

 

 


子供たちが大きくなって1人立ちしたら

また昔みたいに恋人同士に戻ってさ

2人で世界一周しよう

君と一緒に見たい景色がたくさんあるんだ

2人でさ

この地球に生まれたことを心から感謝しに行こう

 

 

 

 

 

ボクの方が先に死ぬから

ボクが死ぬとき

君がボクに心の底からこう言ったらボクの人生は成功だ

「あなたの妻になれてほんとうに良かった」

ボクは世界で一番君が好きだ

ありがとう

愛してる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ

むちゃくちゃ長くなっちゃったけど

これがボクの理想やし本音やねん

我ながらめちゃくちゃ理想高いわ

だからボクもそれに見合うだけの男にならなあかん思うねんな

我がはなんもせんと理想だけ高いとかダサすぎるもんな

完璧な人間なんておらん思うし

完璧な男なんておらん思うけど

やっぱり努力はせなあかん思うねん

女の子だってめちゃくちゃ努力して自分磨いてるもんな

だからボクも頑張るわ

完璧は無理やけど

君のために優しい男になりたいし、おもしろいこと言って君を笑顔にさせたいし、オシャレで、清潔感があって、気配りができて、器も大きくて、女の子である君の気持ちが分かる男になりたい

料理が上手で、英語も喋れて、世界中のことを知っていて、自分が好きなことを仕事にしていて、なにがあっても君のことを守ってあげれる

君のためだけに

ボクはそんな男になりたい

 

 

 

 

 

まだ出会わぬ君は今どこで何をしてるんだろう?

ボクは今君のためだけに夜中にこんなキモイこと考えているよ

将来君がボクと出会ったときに

君が"ボク"だと気づいてもらえるように

その為に

自分を磨かなきゃ

その為に

いい男にならなきゃ

その為に

まずは痩せなきゃ

でも今日は死ぬほど腹減ってるからラーメン食いに行ってくる

すまん未来の嫁

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 


っていう7年前の日記でした。

これ今振り返ったらめちゃくちゃ好き勝手書いとんなボクと思います。

でもおもしろいのは7年経った今現在でも理想はやっぱり変わってないなぁと感じるとこです。

ボク、やっぱりなんやかんやで日本人の女の子じゃないとあかん気がします。笑いのツボなんか絶対外国人の女の子と同じになるわけないですし。微妙なニュアンスとかもそうですけど。

 

ていうか冒頭の方で、ほんまボクの運命の人はどこで何をしてんやろか?とか書いたけど、どこで何をしてんのか分からんのは確実にボクの方ですよね。お前がな!ですよね。

婚活とか本気でしてみようかな。日本で。

そろそろ本気で日本に完全帰国することも視野に入れないと。

エリート楽団とそうでない楽団の違いとは?

 

 

こないだNetflixすきやばし次郎のドキュメンタリーがあったので見たんですけど、見てたらミラクル寿司が食いたくなってしまいました。


f:id:hiyokocurry:20180910054704j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054611j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054700j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054630j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054654j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054622j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054617j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054605j:image


中国人経営でここまでクオリティの高い寿司を出す店は世界中でも初めてです。久しぶりにめちゃくちゃ美味しいお寿司でした。たらふく食ったった。おあいそビビったけどかまへんかまへん。また稼げばよろし。

ていうか、すきやばし次郎のお寿司って3万円かららしいですね。寿司のみ20貫前後のおまかせで。

それで毎年ミシュラン3星取り続けてるんやから間違いなく世界最高峰ですよね。一度くらいは行ってみたいな。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20180910054755j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054828j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054817j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910054805j:image


最近はこの蔦が付いてるシリーズのトマトを毎朝食べるように習慣付けてます。健康のために。シュガードロップがお気に入りです。ほんとに甘いです。トマトやのにブドウ食べてる感覚に近いです。素晴らしいトマトです。

 

 

 

 

 

 


そういえばこないだバスキングを終えて帰ってたら道路が封鎖されてました。


f:id:hiyokocurry:20180910054915p:image


仕方ないので裏道を通ってホテルに戻ろうとしたら

 

f:id:hiyokocurry:20180910055004p:image

 


f:id:hiyokocurry:20180910055012p:image


めっちゃ火事やん!

ていうかこっち封鎖しとけや!

こっち側の方がよっぽど危険だわ!

アホか!

ほんま外国アホか!

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20180910055018j:image


バスキング中に6弦のペグが壊れてしまって交換してもらいました。見た目めっちゃ悪いけど治ってほんとに良かったです。

例の”I won't give up”がレパートリーに入りました。

実はこの曲6弦を1音ドロップしないとダメなんですけどレパートリーに入れるためにここ最近毎日必死に練習してたんで6弦を下げたり上げたり下げたり上げたりしまくってて、それでまぁ今までのいろいろなことも重なってペグ壊れたんやと思います。

ほんでレパートリーに入ったから歌ってみたけどあんまウケへん!

なんか知名度低いかもこの曲!

まあほんと良い曲やと思うのでもうしばらくはレパートリーに入れとくけどあかんかったら速攻外す!

でもでもこの曲のおかげでこの旅の最初の頃からのレパートリーのI'm yoursの演奏の仕方を見直すことが出来ました。

最初の頃は簡単なストロークで演奏してて、2年ほど前から裏打ちでカッティングしながら演奏してたんですけど、本家Jason Mrazと同じようにブリッジミュートしながらトゥクタッカ、トゥクタッカ、トゥクタッカ、トゥクタッカとか演奏するようになって、始まりの高音のリフとかも入れるようになったら明らかに反応が変わりました。

リズム感て大事!

ていうかほんと思うけど、ボクもうかれこれ丸4年間以上こんな路上演奏で暮らしてますけども、ほんとにバスキングって面白いです。マジで楽しいです。

いろんなストレスもあるし大変なこともあるし嫌な思いすることもたくさんあるけど、純粋にギターの弾き語りをするのがボクは好きなんやろなぁなんて思います。というか性に合ってるのかなぁなんて思います。

まぁでも、相変わらずたまに動画撮って自分で聞いてズドーンてヘコみますけども。

ほんまなんでなんやろ。

なんで歌ってる時と後で聞いた時ってここまで違うんやろ。

こう考えるとやっぱりプロのミュージシャンって本当に凄いなぁと思います。

でもこないだめっちゃ興味深い記事をネットで見たんですけども、イギリスかどっか忘れたけどある国の研究者がエリート楽団とそうでない楽団の違いを徹底的に調査をした結果


”練習量”


ただこれだけの違いだったらしいです。

そう思えばヨッシーキチガイみたいにいつもいつもギターいじってるし、若い頃は毎日10時間くらい練習してたって言うてたなぁと。

あ、ヨッシーってほら、ボクのCDのレコーディングに参加してくれたヨッシーです。

もうすぐオランダで合流予定なんですけどね。その後はムフフですムフフ。

おっと、話しを戻しましょうか。

とにかくエリート楽団とそうでない楽団の違いはたった1つ練習量の違いだけらしいです。

要はボクがやっぱり凄いなぁプロのミュージシャン!って思ってる人達全員、想像を絶する練習量をこなしてただけなのかもしれません。人は生まれ変わる説のアレは除いて。

つまりボクがあの人達レベルの演奏を出来るようになる為にはあの人達くらいの練習量をこなせば決して不可能ではないということです。知らんけど。

まぁでも

いつかの記事でも書いたけど、バスキングはいつまでも出来る仕事ではないです。

そろそろボクも次のステップを考えないとなぁと思います。

止まってるエスカレーターに乗った瞬間フッってなるよね

 

 

 

最近、久しぶりにグッとくる曲に巡り会えてレパートリーに入れようと毎日練習しています。


”I won't give up” by Jason Mraz
https://youtu.be/vJNoYfqd74E


Jason MrazはI'm yoursだけじゃなかったんやと思わせてくれたとても良い曲です。

あらためて聞くとJason Mrazってめちゃくちゃ歌もギターも上手いです。当たり前か。プロやもんな。


”I'm yours Hambrug session”
https://youtu.be/HCgPERSMRfk


これはドイツのハンブルグでI'm yoursのアコギの弾き語りをしているJason Mraz本人ですが、もうほんと良いです。


それから2カ月くらい前から異様にギターが楽しくなってきて、最近はインストギターを数曲バスキングでやったりします。ボクごときの演奏ですがインスト演奏でもポロポロチップが入ったときは嬉しいです。I wanna hold your handとかIn my lifeとかHere come the sunとかインスト演奏はもっぱらビートルズ推しでやってます。あとラピュタの君をのせても。良い曲です。

ところでインストを覚えるときボクは耳コピなんてとても出来ないのでもっぱらyoutubeから覚えるんですが、最近気づいたけどyoutubeって再生速度変えれる!

これめっちゃ便利です!しかも再生速度を2分の1にしてもなぜかピッチが変わらない!不思議!

今は毎日All my lovingの練習してるんですが、これがめちゃくちゃ難しいんです。1拍ごとにベースラインが動きながらメロディ弾かないとダメなので体で覚えないと指がついていかないです。

 

f:id:hiyokocurry:20180907050043p:image


指先こんなんなってもた。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20180907050118j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050122j:image


最近はちょっと奮発して2週間ほど毎日ホテルを取ってるんですが、やっぱり個室は最高ですね。精神的にも疲れの取れ方も全然違う。



 

f:id:hiyokocurry:20180907050210j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050200j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050156j:image


毎朝美味しいブレックファストをゆっくりとリラックスして取れるのも嬉しいです。

こんな優雅な生活も今週で終わりで来週からはまたドミトリー生活です。めっちゃ嫌。

まぁまた嫌になったらホテル取ればいいだけですが、やっぱりホテルは高いですから。たまにくらいがまだまだボクの分相応です。

 

 

 

 



f:id:hiyokocurry:20180907050335j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050312j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050324j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050330j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050320j:image


相変わらず「弾かせて弾かせて〜」「ええで」が多いです。これやっぱりボクがそない上手くないからやろなぁと思います。ボクが劇的に上手かったら弾かせてとか言うてくるやつ絶対おらんと思うもん。

あとやっぱり嫌な思いをすることが相変わらず多いです。でももう書かないようにします。書いたら負の連鎖でますます嫌なことが起きる気がするから。

昔、赤髪のシャンクスが山賊に頭から酒をかけられても笑い飛ばして鼻にもかけなかったですけど、あれって要は自分自身に絶大な自信を持ってるからこそ取れる態度だと思うんですよね。

反対にボクなんかはちょっとジャンキーとかにおちょくられたりしたらムキになってキレてしまったりするので、要は自分自身に相当自信が無い現れなんやろなぁなんて最近思います。

今思えば過去に世界一周ブログ村に参加してブログを書いてた時なんか自分を大きく見せよう見せようとしてたように思います。日々の稼ぎとかも今思えば書く必要なんて一切無いのに自分を大きく見せようとしてたんやなぁって今さらになって思います。

ふぅ。

明日からもジャンキー達やティーンエイジャー達にまた嫌なことされたりすると思うけど、ふぅ、と一呼吸置いてもうムキになったりキレたりしないようにしようと思います。

で、できるかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20180907050445j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050422j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050417j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050431j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050413j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180907050428j:image


気分転換にたまに日本食レストランで和食を食べるけどクソ高いだけです。でもごくたまに驚くくらい美味しいお店に当たったりします。ヨーロッパでも。ごくごく稀ですが。

でもそのごくごく稀を期待して、きっと、きっと、ってまた次のドアをノックしてしまうんですよね。

 

 

 

 

 


そういえばこないだショッピングモールのエスカレーターが止まってて、でも上に行きたいからそのまま乗ったら、これみなさんも必ず経験してはるから分かってもらえると思うんですが、一瞬、フッってなるじゃないですか?

これエスカレーターだけじゃなくて動く歩道とかもそうなんですけどなんで止まってんのに動いてるみたいな感覚でフッってなるんやろか?と。

これはやっぱりエスカレーターや動く歩道がボク達の頭の中で「動く物」と認知してるからなんでしょうかね。だから錯覚を起こしてフッってなってしまうのかなと。

じゃあもしエスカレーターや動く歩道が「動く物」だと知らない、たとえばアフリカの民族の人とかに止まってるエスカレーターに乗ってもらったらやっぱりフッってならんのかな?と。

もしくはボク達でも目隠ししてわからん状態で「階段あるから気をつけて上がってください」とか言われてエスカレーターに乗ったらフッってならんのかな?と。

今書いてて思ったけど

めっちゃ

どぅっ

でも

いいですよね。