続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

Jimmy ~アホみたいなホンマの話~

 

 


昨日は言うてたハナから怠け癖が出まして、金曜やのにバスキングをサボって宿でNetflixを見てたんですけど明石家さんまプロデュースのジミー大西の半生を描いた連続ドラマが出てたので一日中観てしまいました。

全9話で完結やったんですけど、めちゃくちゃ面白くて一気見してしまい気づいたら夜22時でした。MISIAが歌う主題歌がまたええねんなぁ。最後の夜汽車って曲。

正直であることは良いことだけど、正直過ぎると時に人を傷つけてしまうことがあるくだりとか、ボクが15歳から寿司屋で見習いとして修行を始めて大将や先輩達に人間関係の本音と建前と言うものを散々言われまくって、でも1mmも納得も理解も出来なくて嫌で嫌で仕方なくて逃げ出したかったことが鮮明に思い起こされたりしました。


「なんでですか?なんでなんですか?なんであかんのですか?」


このなんでなんでなんで?っていう言葉、ボクも毎日毎日来る日も来る日もお店の中で先輩達に連発してたなと。

そんなボクも5年間付き合った彼女と27歳の頃に結婚して、一度だけ嫁を連れて当時修行してたお店を訪れて大将達や先輩達に嫁を紹介したことがあるんですけども、これは後に嫁から聞いたことなんですが、ボクがトイレへと席を立っていなくなった瞬間、大将や奥さんや先輩達が一斉に嫁の前に集まってきて全員真顔で


「ごめん◯◯ちゃん。聞かせて。裕のどこが良かったん?」


って質問されたらしいです。


「うち恥ずかしくて何もよう言えやんかったわ」


って嫁が言うてたのを当時はふーんくらいに思ってましたけど、今振り返って思うのは、そんなことになるくらいボクは相当みなさんに迷惑かけたり嫌な思いさせたりしてたんやなぁと。じゃないとボクがトイレに立っていなくなった瞬間にそんなことには絶対ならないですもんね。

嫁にも恥ずかしい思いさせたんやなぁと今になって思います。

それから2年後にボクは嫁と離婚したわけですけど、当時は完全に自分は悪くないと思ってました。

でも今思うのは完全にボクが悪かったと思います。

よく7年間も一緒にいてくれたもんやなと今更になって思います。

ジミー大西の半生を描いたドラマを観て思ったのは、自分自身の人生も一度振り返ってみて今思い出せる限りのことを文章に起こしてみてもいいかもなぁと。

ボクももう38歳で人生の折り返し地点ですし。

自分を見つめ直して残りの半生を有意義にするためにも有りかなぁなんて思いました。

 

人生における積み重ねの意味

 

 

こないだバスキングしてたら他のバスカーがすぐ近くで演奏を始めました。

歌ってる途中だったのでよく分からなかったけどすごく高い声だったので女の子かな?と思いながら歌い終えてそっちの方をチラ見してみると5〜6歳くらいの男の子でした。しかも生歌でアカペラ。

これがもうあっけにとられて呆然と立ち尽くしてしまうほど上手いのです。

いや上手いとかそういうレベルじゃないかな。

ハレルヤを生歌でアカペラで歌ってたんですけど信じられないとしか言いようが無いくらいすごい。

ボク当然アンプ使ってたんですけどその音量を余裕で超えてくるのです。

ボク速攻辞めて場所を移動したんですけども、移動しながら確実にあの男の子は人間初めてじゃないなと思いました。しかも確実に前世は歌うたいに違いないと。

以前ブログに書きましたけど紳助が言ってた人は生まれ変わる説

 

”人は生まれ変わる説”
http://zorroaroundtheworld.hatenablog.com/entry/2017/11/26/031900


これ


もう絶対間違いなくあるなと思いました。

だっておかしいもん。

5〜6歳くらいの男の子があんな歌を歌えるわけないもん。

仮に生まれてすぐからレッスン受けてきたとしてもあそこまでの歌を歌えるわけがないもん。

最近は自分自身のことをよく考えたり振り返ったりしてみるんですが、ボクはかなり怠け者の部類に入ると思うんです。

もちろん気分の浮き沈みでめちゃくちゃ頑張ったりもするんですが、怠け癖が顔を出すと自分自身への言い訳はいつも決まって「どうせいつか死ぬし。死んだらなんも残らんし。頑張ったって意味無いし。」って考えて怠けてしまうんです。

でもこれどうやら違うなと。

あの男の子を見て本気で思ってしまいました。

一度きりのこの人生において積み重ねてきた物は、確実に来世に受け継がれていきよるなと。

問題は来世でその積み重ねてきた物に出会えるかどうかなんですけど、そう考えたら将来ボクに子供が出来たとしたら、確実にこいつはどこかの誰かの生まれ変わりやと考えるべきで、そしてそいつが前世で積み重ねてきた物に巡り会えるように、とにかくいろんなことやらせてみるべきやなと思いました。

そして自分自身もこれから怠け癖が顔を出したとしても「どうせいつか死ぬし。死んだらなんも残らんし。」とか考えるのはもう辞めて、少しずつでも何かを頑張って積み重ねていくべきやなと思いました。

本当にあの男の子はすごかった。

もう本当にびっくりでした。

相手の気持ちを考えること

 


今回トルコのイスタンブールに滞在してみて思ったのですが、正直に本音を書くとアザーンが本当にウザかったです。

一番遅い時間で夜の22時半くらいにも爆音であの意味不明な叫びが流れてきます。

めちゃくちゃうるさいし、めちゃくちゃしつこいなと思ってしまいました。

ホンマにナゾいし理解出来ないと思いましたが、こういうことはあまり言わない方がいいし書かない方がええのかなぁと思いました。

言葉にするにしても書くにしても、言い方、書き方ってもんがあるなと。

ボクが「アザーンまじでうざい。うるさいししつこい」って言ってるのをトルコ人達が聞いたらめちゃくちゃ怒ると思います。

招待もしてないのに勝手に人の家にあがってきて「なにこの家まじでうざい」って言ってるのと同じことやなと。

こういう人の気持ちというか相手の気持ちを考えることが38歳にもなってまだボクには欠けてるんじゃないのかなぁと正直に思います。

突発的に出てしまうんですよね。

例えば一年くらい前のことですが、パリで日本人のモンサンミッシェルツアーに参加した時に、ランチでオムレツを皆さんと食べながら日本人街にあるラーメン屋の話しをしていました。

ボクの隣に座っていた40半ばくらいの男性が「あのラーメン屋さん安いけど意外に美味しいですよね」って言った直後にボクが「マジすか?ボクはクソ不味かったです。味噌ラーメン食うたんですけどスープめちゃくちゃ薄くて味無かったんですよね」って突発的に言うたんですよね。

その後なんか微妙な空気が流れてしまいました。

あ、またやってもた。

そんな風に思ったのを一年前ですけどまだ覚えてます。

ボクがクソ不味いと思うのはどう考えても絶対に良いし意見を曲げる必要も一切無いんですけども、やっぱり言い方ってもんがあるなと。

38歳にもなってまだこれやねんから若い頃、相当ボクは周りの人達に嫌な思いをさせてたんやろなぁなんて最近すごく思います。

こないだちょい触れましたけど最近Netflixテラスハウスにハマってて、あれ見ててほんと思うんですけど空気読めないヤツとか周りの気持ち考えないヤツとか、逆にめちゃくちゃ大人なヤツとかいてて、客観的に見てたらすごくよく分かるんですけどじゃあはたして自分はどうなのか?って考えさせられるんですよね。

間違いなく空気読めない周りの気持ちを考えられない部類に入っとるなと思いました。

人間関係っていつまでたっても難しいんですね。

自分がされたり言われたら嫌なこと、今までたくさん人にしてきたし言ってきたと思います。

誰からも好かれる人間になるのは到底無理ですけど、せめて人に嫌な思いをさせない人間くらいにはなりたいです。

話はぷるりと変わりまして

最近は自分自身のことも周りのことも含めてあまり良い話しや出来事が無かったのですが、3日ほど前にすごく嬉しいニュースが届きました。

オーストラリアの大事な友達のサキがようやく永住権を取得したとのこと。

これ聞いたとき本当に自分のことのようにすごくすごく嬉しかったです。

たぶんあいつトータルで6年間くらいかかったんじゃないかな。

よく諦めなかったなと本当に心から尊敬します。

久しぶりに良い出来事の話が聞けて本当に嬉しいです。

サキほんまにおめでとう!

 

熱中症で倒れて救急車呼んでもらった

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20180709140541p:image

 


f:id:hiyokocurry:20180709033435p:image

 

 

20時間超えの長距離バス移動はやっぱりすごく大変でした。

18時に出発して14時半頃にイスタンブールに着いたんですが、降りた瞬間むわりと暑さが襲ってきました。

この日の気温は37℃でした。

夜行バスの何が嫌いかというと寝れないことです。今回も当然ほぼ一睡もできずにクタクタでした。

バスターミナルからブックしておいたホステルまではGoogleMap表示で徒歩で約30分とのこと。

夜行あけでクタクタで37℃の茹だるような暑さの中、約40kgの荷物を担いで行くのは無謀なのでタクシーやなと思ったんですが、とりあえず両替しないとトルコのお金持ってないので歩き出しました。

5分と経たずにふらふらになってきたので、そういえば飯も昨日の昼からほとんど食べてないわと思い、とりあえずクーラーが効いてそうでカードも使えそうなレストランがあったので避難しました。


f:id:hiyokocurry:20180708025834j:image


トルコ料理思ってたより美味しい。でもパンはジョージアの方が美味しいかな。まぁまだ1食目やしわからんか。

店員さん達がめちゃくちゃフレンドリーでギターをリクエストされたので少し弾いてあげるとトルコの紅茶を入れてくれたりして、ちょっとほのぼのしました。

 

 

f:id:hiyokocurry:20180709140614j:image


でも今思えばこの熱々の紅茶があかんかったんちゃうやろか?なんて思います。しかも立て続けに2杯も入れてくれたのでこのクソ暑い中、熱々の紅茶を2杯も飲んだし。

気になってあとから調べましたけどアルコール類や紅茶には利尿作用があるので熱中症の時には逆効果らしいです。ほら!やっぱりやんけ!

レストランを後にしてホステルの方に向かいながら両替所を見つけたので100ユーロ分交換して、何を思ったのかそのまま歩いてホステルを目指すことにしました。

エアコン付きの個室を取ってるので早くホステルに付いてゆっくりしたいと思いながら歩いてるとイスタンブールってやたら坂が多くて10分くらいで体のチカラが抜けてきてちょっとヤバイと思ってすぐ近くにあった小さなショッピングセンターに避難しました。

このショッピングセンター、小さいし古いしでエアコンまったく効いていなくて、座って休んでるのにますます汗が吹き出てきて、いよいよ熱中症の初期症状が出てきたので本気でまずいと思って少しだけクーラーが効いてる洋服屋さんに入って「すいません少しだけ休ませてください」とお店の中で休ませてもらいました。

ところがどんどん体が震えだしたので、地下にあるトイレに連れて行ってもらい洗面所で頭から水をかぶってTシャツも脱いで水浸しにしてそれをそのまま着たりして、とにかく体を冷やしました。

その後にお店に戻って休んでると怖くて心臓がドキドキして止まらなくなって、いよいよ座ってるのもキツくて床に倒れ込んだところで店員さんに救急車をお願いしました。

生まれて初めて来た国の初日で救急車呼んで運ばれて治療してもらったら一体おあいそいくらくらいになるのか?しかもボク保険なにも入ってないし。

っていう思いも正直あったけど、そんなことより命が大事なので。

救急車が来るまで床に倒れこんだまま目を瞑ってると、どうやらピークは過ぎたみたいで少しずつましになってきたような気がしました。

でもここで油断したら怖いのは十分知ってるので、救急車に来てもらうまでゆっくり寝かせてもらいました。

どれくらい経ったかわかりませんが救急車が到着して、脈や血圧測ったり指先に針を刺されて血を測ったりされたあと、なぜか病院には搬送されずにパスポートの情報だけ写して救急車は帰って行きました。

な、なんで!?

と頭の中がハテナでいっぱいでした。

でもだいぶマシになってたから大丈夫と判断されたのかなと思いなおしてもう少しお店で休ませてもらいました。

お店の人がタクシーを呼んでくれて荷物もタクシーに乗せてくれたのでお店を後にしてタクシーに乗り込みました。

マジでお店の人達に感謝です。本当に危なかった。

タクシーの運転手に住所を見せても地図を見せても何故か行き先を分かってもらえず仕方ないのでボクがナビをしてなんとかホステルに到着。料金は50トルコリラ。約1200円くらい。たぶんというか絶対ボラれてると思うけど仕方なし。

やっとホステルに着いてチェックインしようとすると、なんとホステル側の手違いで部屋が無いと。メールも送ったと。そう言われてメールチェックしたら確かに送られて来てました。今朝に。

でも夜行バスでwifiも無かったので知らなかったことを伝えると代わりのホステルの部屋を用意してくれるとのこと。

スタッフの兄ちゃんと一緒に5分ほど離れた別のホステルに行くと何故かそのホステルの兄ちゃんとスタッフの兄ちゃん同士の話し合いがどんどんヒートアップしてきて最終的に怒鳴りあい勃発。

そして何故か21時以降にしかチェックイン出来ないと言われ、最初のホステルのリビングに戻り21時まで休ませてもらいました。

21時になってスタッフの兄ちゃんと再度戻ってチェックインさせてもらったら、部屋クソボロくてエアコン潰れてるしwifi無いしでこれで1泊25ユーロとかふざけてると思いキャンセルしてお金全額返してもらいました。

そのあとなんとか近所にあった割と綺麗目なホテルに飛び込んでようやく部屋確保。


f:id:hiyokocurry:20180709140912j:image


エアコンもwifiもばっちり。1泊35ユーロとイスタンブールにしたらだいぶ高いと思うけど3泊分お金払ってチェックインしたら22時半超えてました。

いやほんと今日はマジでなんて日だ!って思いました。

熱中症に一度かかると癖になるし最低でも3日間は安静にしとかないとあかんのでイスタンブールではけっきょくマジで何にもしませんでした。すぐ近くに有名なブルーモスクやグランドバザールもあるけど一切出歩かず。

ホテルの最寄の中華料理店で焼き飯食べて美味しかったくらいです。

 


f:id:hiyokocurry:20180709140946j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20180709140950j:image


ホテルの朝食バッフェからの景色は良かったです。

 

 

 

 

実は今回こうなってしまった原因は大いに理解しています。


1つ、食べ過ぎ、飲み過ぎ、太り過ぎ

1つ、運動不足

1つ、10日ほど前から2年間やめてたタバコを吸い出した


完全に自業自得です。

もう38歳にもなるくせに完全に自己管理が出来ていませんでした。

めちゃくちゃダサい大人になってしまってました。

心を入れ替えてきちんと自己管理をしっかり出来る大人になろうと思います。

タバコはもちろんアルコールもしばらく禁酒してみようと思います。

本当に心から反省しました。

美味しいと評判のジョージア飯

 

 

f:id:hiyokocurry:20180703194340j:image


シュクメルリという食べ物。1000円くらい。

あまりにも脂っこくて半分以上残してしまいました。

 

 


f:id:hiyokocurry:20180703194410j:image


ハチャプリという食べ物。300円くらい。

あまりにも濃過ぎて完食できず。

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20180703194439j:image


オーストリという食べ物。400円くらい。

これはとても口に合いました。

でもやっぱり脂っこ過ぎて完食できず。

 

 


f:id:hiyokocurry:20180703194511j:image


ポークスペアリブとトマトとキュウリのサラダ。600円くらい。

普通。

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20180703194533j:image


ヒンカリという食べ物。200円くらい。

 


f:id:hiyokocurry:20180703194539j:image


パクチー効き過ぎやろこれ。パクチー好きやけども。

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20180703194600j:image


トラウト。鱒の塩焼きですね。350円くらい。

これはあっさりしててとても美味しかったです。でもこんなんどこでも美味しいに決まってますよね。ほんとにシンプルな塩焼きやし。安いのは嬉しいですけど。

 

 

 

 

 

 

 

以上

美味しいと評判のジョージア飯。

ボクの感想は一言でいうと「重い」でした。

味はまぁ悪くはないけど飛び抜けて美味しいとは思わなかったし、おそらく2人以上でシェアしてちょうど良いんじゃないかなぁと思いました。とにかく濃くて脂っこい。

けどジョージアはパンがすごく美味しかったです。

どの料理もパンを美味しく食べるために作られた料理やなぁと思いました。

フランスで料理と一緒に出てくるバケットジョージアのふわふわもちもちの美味しいパンやったら言うことないのに。

ジョージア飯好きの人はとても多いと思うので謝罪しときます。文句ばかりですいません。

書くの忘れてたけどヨーロッパって比較的ポーランド辺りからごはんが美味しくなってくるんじゃないかなぁと思います。


f:id:hiyokocurry:20180703194720j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180703194753j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180703194707j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180703194737j:image

 


f:id:hiyokocurry:20180703194808j:image


これ全部ポーランドで食べた物ですけどどれも美味しかったです。日本食が多いですけど。

 

 

 

 

ところでジョージアに着いた途端


f:id:hiyokocurry:20180703194907p:image


これです。

歩いてるだけでふらふらして倒れそうになります。

ジョージア初日の宿は評価9.5のホステルを選んだのにもかかわらずエアコンが無かったので暑過ぎて一睡も出来ず。

地獄。

早朝速攻で別のエアコン付きの個室を取って移動しました。

その後は快適に部屋の中でNetflixテラスハウス三昧。ああ、いい恋したいなぁ。

この先も中東、エジプト、モロッコと回る予定でしたけど絶対熱中症で倒れる自信しか無いのでトルコのイスタンブールからまたフライトでヨーロッパ北部の方に戻ることしました。贅沢ばかりし過ぎてお金もそろそろヤバイですし。

もう贅沢して毎日個室とか泊まったり毎回レストランで食事取ったりするのはトルコまでにしてその先はマジでやめようと思います。

めっちゃ嫌やけどドミトリー生活に戻らないと。

食事も自炊とかスーパーの惣菜とかにしないと。

その決意も込めて今日はフライトではなく、今から20時間超えの長距離バスでイスタンブールへ向かいます。

はぁ。

嫌だなぁ。

やっぱりフライトにすればよかった。

56カ国目ジョージア

 

 

f:id:hiyokocurry:20180701051214p:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20180701051240p:image

 


ウクライナオデッサから黒海を渡るフェリーに乗ってジョージアにやって来ました。

このフェリーはスピードがすごく遅くてフェリーの中で3泊するんですが、2人部屋の客室はとても綺麗でホットシャワー、トイレ完備、さらに1日3食付きでとても快適な船旅になるはずだったんですが、なるはずだったんですが、同室の男性が強烈でした。

おそらく身長190cmくらいあって体重150kgくらいある大男なんですが、とにかく毛むくじゃらで体臭が死ぬほど臭い。もう強烈。もう強烈。もうほんと強烈。

昔々のドラゴンボール天下一武道会に出てきたバクテリアンをイメージしてもらえば分かりやすいと思います。


f:id:hiyokocurry:20180701051256j:image


こいつ。バクテリアン。

3日間、本当にツラかったです。

もうほんと台湾帰りたい。

旅ほんと辞めたい。

でももう心の中で本当に辞めてもいいかなとちょっと思ってます。

南米とかも、もう別にいいかなと。

もしまたどうしても行きたくなったら行けばいいし。

限りある人生の中で無理してツラい思いしてまで旅を続ける意味ってあんのかな?と。

やっぱり旅はたまにするから良いのかもしれません。今さらですけども。

最近思うのは旅がつまらなくなった原因の1つとしてスマートフォンやパソコンの普及があるのじゃないのかなぁと。

ボクも含めて人種関係無く、ほぼ全員旅先で出会う人達はスマートフォンやパソコンをずっといじってるので人間関係が気薄になってしまってるんじゃないのかなぁと。

スマホやパソコンのせいでせっかく出会っても人間関係が深いものになっていきにくくなってるような気がします。

でも旅を始めた4年前からすでにスマホもパソコンも普及してたんですけど、この数年でよりコンテンツが充実して人類の依存度が高くなったのかもしれません。

もしかしたらもしかしてやけど人類を滅ぼすのは意外とスマホやパソコンかもしれません。言い過ぎか。

まぁボクが旅先で出会う人間関係に煩わしくなってしまってるのが一番の原因やと思いますが。

なんやかんや日本人同士が間違いなく一番だと思います。なんといっても言語が大きい。あとは文化とか価値観とか。

はぁ。

旅しんど。

ちなみに2年前あれだけ楽しかったバルト三国ウクライナも今回クソおもんなかったです。なのでバルト三国はけっきょく10日間ほどしか滞在しなかったし、前回1カ月滞在したウクライナのリビウにいたっては4日間しか滞在しませんでした。

ボクはいったいどうしてしまったのか。

これなんかしらの病気ちゃうんか?とすら思えてきます。

なにしたってどこに行ったって誰と出会ったって心踊らない。

台湾帰りたい。

旅に出て4年が経ちました。

 

 

今から4年前の2014年6月12日に、当時住んでいたオーストラリアのゴールドコーストを離れてボクは世界一周に出ました。

早いものであれから丸4年が経ちました。

4年経った今は、心からの本音を言うと毎日毎日が満たされない日々を送っています。

こないだ2年ぶりくらいに大好きなオーストラリアに行きましたけど、あれだけ大好きだった、一時は永住権さえ狙ってたオーストラリアが、どうもあんまりピンと来なくなってました。

そのあと4年ぶりに訪れたニュージーランドもそうでした。

ニュージーランドのあと、55カ国目に訪れたフィジーは控えめに言ってもクソおもんなかったですし、そのあとタイのバンコクで約10日間、毎日毎日お金のことは気にせずやりたいことを好きなだけやってみましたが、心の底から楽しかったことは一度もありませんでした。

ヨーロッパに来てからはさらに毎日が虚しいです。

ヨーロッパに来るのはこれで3度目になりますが、ぶっちゃけヨーロッパって来るたびに少しずつ嫌いになっていってる気がします。

理由はいろいろあると思うのですが、たぶん一番の理由は先進国のくせに適当だったりええ加減だったり対応が無愛想だったりする国が多くて、ストレスがすごい溜まるんだと思います。

ヨーロッパって生活水準は先進国やのに発展途上国で受けるような対応が多いと思うんですよね。

もちろん優しい人達や人情味のある人達もたくさんいるしヨーロッパの中でも好きな国はありますけどね。

そんな感じで完全に旅に飽きてしまってるんですが、やっぱりまだ行ったことない国には行ってみたいという思いもありますし、楽しみだという感情は残ってます。

今回でいうなら、ジョージア、トルコ、ブルガリア、中東、エジプト、モロッコ南ヨーロッパがそれらにあたります。

それらに行き着くまではたして我慢出来るかどうかというのがポイントですね。

毎年我慢出来ずに台湾に戻ってますからね。

あとはインド、ネパール、ミャンマー

そして中南米

もうさっさと全部周り終えて台湾に永住したいなぁというのが本音です。

最近では将来台湾でやりたいレストランも、うっすら考えるようになりました。

それはまあいいとして

最近思うのはめっちゃ楽しかった思い出というのは必ず誰かと一緒やったような気がします。

つまりけっきょく1人旅でほんとに1人になるほど、虚しくなっていくものなのじゃないのかなぁと思います。

逆説的にいうたらいかに人間関係が大切かってことですよ。

人間は人間でしか満たされない仕組みになっとるってことですよ。

知らんけど。