続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

「笑わせる」のではなく「笑われる」

 

これ。

ボクは今まで逆が正解やと思ってました。

「笑われる」

のではなく

「笑わせる」

人から笑われるっていうのは恥ずかしい、悔しいことだし、それでも笑われるなら自ら笑いに変えてこっちから笑かしたったらええやんと思ってました。

でももしかしたらボクは今までとんでもない思い違いをしていたのかもしれません。

「笑わせる」っていうのは自分を優位に持っていく行為だし、優越感を感じる行為なので=自分を喜ばす行為なんじゃないのかな?と、ふとそう思ったんです。

逆に「笑われる」っていうのは相手に優越感を感じてもらえる行為なので=人を喜ばす行為でありサービスになり得るのかもしれないなと。

人は周りから笑われたり馬鹿にされたりすると普通は「笑うんじゃねぇ!馬鹿にするな!」と怒るものだと思うんですが、中には「オイシイ」と思う人もいるわけです。

「オイシイ」と思える人は実は相手が優越感を感じていることに対して優越感を感じている人で、もしかしたら相手に転がされてる風を装って実は逆に相手を転がしてるのかもしれないなと。

本当に賢い人間は実は「笑われる」ことを自らチョイスして生きているのかもしれません。

知らんけど。

 

 

 

 

 

 

 


今日もまた最後にzorrotubeでも。

ツェルマットへ向かう電車の中からの風景です。


”From train window of the world at Swiss”
https://youtu.be/n7E6WJPNBZE


いわゆる世界の車窓からですね。

お金を盗むのほんとやめてほしい

 

f:id:hiyokocurry:20171119010902j:image

 

 

 f:id:hiyokocurry:20171119010914j:image


いよいよ霜が降りて来ました。

もうほんと毎日毎日クソ寒いです。

毎日毎日の路上演奏が本当に本当にツライです。

でもこれがボクの仕事なので頑張ります。

 

 

 

 

 


今日は15£盗まれました。(約2200円)

こないだと同じガキでした。

気づいたんやけど(こないだと同じガキかどうか微妙やなぁ、でも怪しいなぁ)と思ってたら近づいて来たので警戒しながら歌い続けてたら20ペンスコインをゆっくり入れてくれたので(あ、疑って悪か)

くらいのところで一瞬でしゃがんでギターケースから10£紙幣と5£紙幣を持ち去ってダッシュで逃げて行きました。

もうほんと悔しい!

あたし警戒してたのに!

捕まえたらどつき回したろうと思ってたのに!

一瞬、追いかければ捕まえられるくらいの走り方だったので迷ったんですが、そんなことしてる間に別の仲間がギターケースのお金を全て盗んでいきよるかもしれないし、それで済めばいいけど万が一貴重品全て入ってるリュックなんか持ってかれたらさすがに立ち直れないのでやめておきました。

周りのイングリッシュ達も呆然としてました。

もうほんと悔しい!

めっちゃ腹立つわ!

ていうかもうほんとお金を盗むのマジやめてほしいです。

別にたいした額じゃないけど、気分がほんまにめちゃくちゃ悪くなります。

ただでさえクソ寒い中、太陽の位置を考えて場所を確保して日陰になる前に出来るだけ歌おうとかいろいろ考えて手がかじかんで動かなくなりながらも良い演奏しようと心掛けて、でもやっぱりかじかんでて弦がビビってちゃんと鳴らなくてイライラしたり風吹いて背骨ミシミシ痛くなったりしながら一生懸命歌ってんのに!

もうほんと一瞬で辞めたくなりますよね。

でもここで辞めたらそれこそ被害額は15£なんかじゃとても済まないから歌い続けるわけですが、また来よるかもしれないとか考えると集中できないですよね。

もうほんと腹立つわ。

ほんでまたしばらく歌いながらいろいろなことを考えてしまうわけですよ。


(これ俺がこんなに立て続けにお金盗まれんのってなんか意味があるかもしれんな。自分でも知らん間にどこかの誰かに嫌な思いとかさせてんちゃうんか?)


とか


(まぁ仕方ないか。俺も子供の頃、人のお金盗んだことあるもんなぁ。因果応報やなぁ)


とか


(でも次来たら今度こそほんまに捕まえてマジでどつき回したろ!ちょっと舐められ過ぎたわ!)


とか


(でももしほんまにまた来て今度こそほんまに捕まえてしまったら、俺ほんまにガキ相手に本気でどついてまうかもしれへん。ほんならすごい怪我させてしまうかもしれへん。そうなったら俺絶対後悔するよなぁ)


とか


(でもめっちゃ腹立つわー!どうすんねん!この行き場のない怒り!)


とかもう頭の中ぐるんぐるん回ってるんですよね。まぁ10分間くらいのもんでしたけども。

あーほんま思い出したらまた腹立つからこの辺にしときます。

最後に気分転換にまた”zorrotube”でもどうぞ。


”Goats at Zermatt”
https://youtu.be/J_vYUFsA6Bw


ちょっとほのぼのしたでしょ。

スコットランドの首都エディンバラにあるおすすめ日本食レストラン

 

少し前までスコットランドの首都エディンバラに滞在してたんですが、実にアイルランドぶりに外食をしたのですがそのときに見つけた日本食レストランが最高だったので紹介したいと思います。


f:id:hiyokocurry:20171118013854j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20171118013915j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20171118013931j:image


カツ丼にスンドゥブダッカルビ定食。

どれももれなく7.99£です。

このお店はどのメニューもほとんど7.99£です。

今1£約150円なので1200円。

これアイルランドとUK諸国の中でも物価が一番高いスコットランド、しかも首都でミラクル観光地のエディンバラにおいては奇跡のような値段です。めちゃくちゃ安い。

その上味は完全に日本と韓国のそれでした。スタッフも日本人と韓国人。


”Cafe Andamiro”
http://www.cafe-andamiro.co.uk/
https://i.4travel.jp/review/show/11166348


f:id:hiyokocurry:20171118013953p:image


エディンバラのオールドタウン、ロイヤルマイルから徒歩15分ほどです。エディンバラで日本食が恋しくなったときは是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20171118014009j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20171118014027j:image


もう1軒。

こちらはラーメンとお寿司が一緒に食べれるお店なんですが、どちらもめちゃくちゃ美味しかったです。値段はラーメンとお寿司合わせて20£くらいだったと思います。(約3000円)

特にラーメンが美味しかったのが本当に驚きました。


”Maki Maki”
http://www.makimaki-restaurant.co.uk/


f:id:hiyokocurry:20171118014048p:image


こちらもオールドタウン、ロイヤルマイルから徒歩で10分ほど。エディンバラでうまいラーメンが食べたいならここ。

以上です。

ちなみに今のところアイルランドで2回とエディンバラで4回、計6回しか外食してません。

頑張ってるぅぅ

ゾロ節約頑張ってるぅぅ

 

 

 

 

 

 


※近況

イングランドの田舎町で歌っていると新聞とオンラインニュースに取り上げられてました。


”This Japanese busker has travelled 51 countries to get to Hull”
https://www.google.co.jp/amp/www.hulldailymail.co.uk/whats-on/music-nightlife/japanese-busker-travelled-51-countries-780696.amp


ちなみにこの日はちびっ子達に2回ギターケースからお金盗まれました。たぶん20ポンド(約3000円)くらいはいかれたと思います。

1回目取られても無視して歌い続けてたので味をしめたのか今度は3人で来てごっそり盗んでいきました。

それでも無視して歌い続けてました。

3回目来たら捕まえてどつき回したろうと思ってたら来ませんでした。

ごっつ腹立つわー!

台湾和牛解禁!!!

 


f:id:hiyokocurry:20171117020833j:image

 

もう本当に嬉しいニュースが入ってきました。

2017年9月18日付けで、なんと台湾で和牛が解禁されたらしいです。

実に16年ぶりらしいです。

いよいよこれで台湾で日本の物が無いのは王将と天一くらいになりましたね。

それにしても台湾で和牛まで食べれるなんて本当に嬉しいです。

ただやっぱりべらぼうに高いらしく、宮崎牛の6オンス=170gで値段は驚きの4800元(約19000円)らしいです。

これはさすがに高過ぎるのでまず食わないでしょうね。

まぁ少しすれば値段も落ち着くでしょうし、本格的な日式焼肉を手頃な値段で食べさせてくれるお店も遅かれ早かれ出てくることでしょう。

楽しみですね。

ていうかこれを「楽しみですね」と待つ側ではなく仕掛けていく側だと、つまりこの場合だとボクがそんな手頃な値段で食べれる和牛専門の焼肉店を台北に作れば成功するのかもしれませんね。知らんけど。

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20171117020926j:image


ちなみにこっちの和牛も好きです。

M1のまなみちゃん2連続のネタが最高でした。

 

それから全く関係無いですが久しぶりの”zorrotube”です。スイスのツェルマットでマッターホルン見に行ったときのやつ。


”The Matterhorn at Zermatt”
https://youtu.be/7r8BmduHRGo


久しぶりの喋るゾロでした。

僕たちは新時代を生きている

 

ボクが昔、大阪でカレー屋を経営してるときに、新大阪で居酒屋を経営して10年の大先輩の方がボクのお店に食べに来てくれて、商売についていろいろ教えてくれました。


「商売なんか90%場所やで」
「商売っていうのはパイの取り合いや」


この2つは今でも心に残ってる言葉です。

場所さえ良ければ特別な物を出さなくてもそれなりの物を出しておけば必ず儲かる仕組みになってるらしいです。だから一等地っていうのは家賃がべらぼうに高いそうです。

パイというのはいわゆる商圏範囲内の人口のことです。一般的に個人が営む飲食店の場合、商圏範囲は店舗を中心として移動時間が5~10分以内、半径300~500m以内だと言われていて、その範囲内に住む総人口のことをパイと例えています。

つまりこのパイの大きさは決まっていて、あとは他店舗との取り合いになるということです。

なんで今日いきなりこんな話しをしているのかといいますと、前回に続き植松努さん関連の動画を見漁ってたら衝撃を受けることがあったのです。本当に知らなかったことでした。


f:id:hiyokocurry:20171114044434p:image


これは日本の総人口の推移です。

日本は有史以来、ずっとずっと人口が増え続けていた国だったそうです。

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20171114044454p:image


特に明治維新以降からは爆発的に人口が増えて、終戦以降もその勢いはとどまることを知らず人口は増え続ける一方でした。ベビーブーマーと呼ばれる世代ですね。

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20171114044512p:image


ところが2004年の12月をピークに日本の人口はどんどん減っていっているそうです。

13年後の2030年には約1000万人が減少し高齢化率は10人に3人。

33年後の2050年には遂に1億を切って9500万人になり高齢化率は10人に4人。

さらに83年後の2100年には日本の総人口はなんと4771万人にまで減少すると予測されています。

少子高齢化とは聞いたことがあったけどここまでかと。

ボク本当に知らなくて衝撃を受けました。

これって日本史が始まって以来の出来事らしく、つまり今まで誰1人として経験したことの無い時代が今まさにやって来てるのだそうです。


一生懸命勉強して
いい学校にいって
安定して
ラクをしてお金をもらえる
そんな良い会社に入って
一生安泰の人生を送る


ひと昔前の神話が今まさに音を立てて崩れていってるそうです。

これが最初の商売の話に繋がるわけなんですが、お店の売り上げはお客さんの数に比例するわけです。商売はパイの取り合いですからね。

今までの日本はパイがどんどん大きくなっていく一方だったんです。だから一生懸命勉強していい学校に入って安定してラクにお金をもらえるいい会社に入れば良かったんです。

ところがこれからの日本は


f:id:hiyokocurry:20171114044512p:image


パイがどんどん小さくなっていく一方になるわけです。

人口が減ると売り上げも下がるので企業のプラス成長も給料のベースアップもありえないそうです。

なのでもうすでに今の日本は毎年新しく出来る会社の総数よりも倒産して潰れていく会社の総数の方がはるかに多いらしいです。

昔は初任給が一番安くて毎年一年ごとに少しずつ給料はアップしていきましたが、これからは初任給が一番高くて毎年一年ごとに少しずつ給料は下がっていくのだそうです。


f:id:hiyokocurry:20171114044801j:image


さらにはロボットの普及により人間の仕事がどんどんロボットに取られてしまってるそうです。ロボットだけで24時間操業している工場も既にあるそうです。

まるで映画のような出来事が、もうすでに、現実に、今現在の日本で起こっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

逆に今世界では


f:id:hiyokocurry:20171114044818j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20171114044833p:image 


爆発的に人口が増えていってるそうです。

もう昔の常識や考え方では全く通用しない、全く予測出来ない時代の到来です。

どうやらボク達は、これから誰も経験したことがない新時代を生きていくみたいです。

「どうせ無理」「だったらこうしてみれば?」植松努さん

 

今日は6℃だわ強風だわ小雨ぱらついてるわで久しぶりに丸一日休みにしたもののやる事特に無くてヒマです。

53カ国目イングランドからこんにちはゾロです。

最近は靴下2枚重ね、Tシャツ2枚重ね、ヒートテック上下、スウェットのズボンにデニム、そしてお馴染みピンクのパーカーにクロックスという装備で路上演奏を頑張ってるわけですが、どれだけ身体を暖かく装備したところで演奏してる手のひらは裸なのでかじかむばかりです。

もうほんと風吹くたびにあまりにも寒すぎてイラッとします。

自然に対して腹立てても仕方ないのはわかってますが、ほんと風吹くとイラッとします。

こないだ3℃の中で、しかも日も落ちた後で(最近は16時に日没します。早すぎるやろいくらなんでも!)演奏してみたんですが3曲で骨の髄から痛くなってきたので速攻辞めました。首の後ろの背骨ら辺がミシミシいうてた。

やはりボクの寒さの限界は8℃です。頑張ってせいぜい7℃まで。もうそれ以下のときは働きません、今そう決めました。

そして、もうこの先一生UK諸国には11月以降は来ん、今そう決めました。

ところで昨日は11時前くらいに演奏の準備してたら男性が来て「今日は11時ちょうどから2分間だけ静かにしないといけないからね。戦争を忘れないための黙祷だよ」と言ってきたので準備を終えた後11時を待っていると、本当に2分間、街はまるで時が止まったかのようになりました。

道行く人達も11時になると一斉にその場に立ち止まったので、本当にまるでマンガや映画の中で時が止まったかのような不思議な現象が目の前で起こりました。

そして2分後には誰からともなく歩きはじめて街は普通の状態に戻りました。

すっごい不思議な光景に立ち会うことが出来ました。

 

 

 

 

 

 


一昨日はボクの誕生日でした。38歳になりました。

特別なことは何もせず、いつも通り働いて、いつもと同じようなご飯を食べました。お酒も飲みませんでした。

facebookやLINEなどでメッセージをたくさん頂けて嬉しかったです。

誕生日の夜は久しぶりにTED talksの植松努さんの動画を見ました。


”思いは招く だったらこうしてみたら?で夢は叶う”
https://m.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY


もうほんと素晴らしいです。何度見ても何度見ても感動するし勇気をもらえます。

あまりにも素晴らしいので植松努さんに関連する動画を他にもたくさん見ました。

その中でなるほどなと考えさせられた事があって、例えば子供が将来お医者さんになりたい!と言ったとすると普通大人達は


医者なんてよっぽど頭が良くないと!

医者になるにはたくさんのお金がかかる!

お前になんて!

どーせ無理!


ってなるそうなんですが、実は問題はそこではなくて

”なぜ、お医者さんになりたいのか?”

っていうそもそもの理由を聞くのが重要なんだそうです。

それが例えば

「人の命を救いたい!」

って理由だとするならば

医療用具、機器を作るメーカーで働く
製薬会社で薬を研究する
レスキュー隊員
救急ヘリなど

これらに従事する仕事だって立派に人の命を救うことだし

安全な車を作る
健康食品を作る

これらだって立派に人の命を救う仕事になるわけで、たくさんの道があるということです。

例えば子供が「甲子園で優勝したい!」と言ったら、現実的に全国4600校の中から優勝出来るのはたったの1校だけで、残りの4599校は涙を飲むわけで、親としては子供にガッカリさせたくないから無下に「よし!頑張れ!」とは言えないと。

これだって

”なぜ、甲子園で優勝したいのか?”

と、そもそもの理由を突き詰めていけば、案外、そう言うと親が喜ぶと思ったからみたいな理由だったりするので、だったら親を喜ばすのが目的ならそれこそ家のお手伝いをすれば今すぐ喜ばすことが出来るし、本当に純粋にただ野球が好きなんだったら別に甲子園で優勝しようがしまいが一生野球は続けることが出来るわけです。

なるほどなと思いました。

本当の理由、本当の自分の想いを探ることってとても重要だと思いました。

そしてこれを自分自身にも当てはめて考えてみました。


・歌が上手くなりたいのは何故?
・1000ドルプレーヤーになりたいのは何故?
・お金が欲しいのは何故?
・旅行を続けるのは何故?
・将来レストランを経営したいのは何故?
・お金を寄付するのは何故?
・人に喜んでもらいたいのは何故?


一生懸命考えながら・・・


f:id:hiyokocurry:20171113002041p:image


ワンパンマン見てます。

ワンパンマンめっちゃおもろいです。超オススメ。

いくら節約してもお金持ちになれないのには理由があった

 

これ昔から不思議で仕方なかったんですけど、節約してもいっこうにお金持ちになれないのは一体どういうことなんやろか?と。

節約って人生においてとても大事なことだとボクも重々承知してるんですけども、かといって究極に節約したからってお金持ちには絶対なれないじゃないですか。

むしろ節約通り越してケチくさくなればなるほど逆にお金持ちからどんどん遠ざかってしまうように思えるんですよね。

ボクのブログをずっと読んでくださってる方なんかは逆にボクのこと金遣い荒いヤツくらいに思ってはる方も多いと思うので「お前が節約を語るのか?」と鼻で笑ってはることでしょうけども、でもその中でもキチンとボクのことを読み取ってくださってる少数のゾロマニアの方はボクかてきっちり節約してるときはしてることを知ってくださってることだと存じます。

こう見えてボクだって節約するときはきっちり節約するんですよ。

まず大前提として節約には3種類あると思ってるんですが


①「自分に対する節約」

要は自分自身のために使うお金を節約することですね。

これは真っ当な節約だとボクは思っていて、人生においてとても大事なことだと思ってます。でもお金を取るか経験を取るかという局面ならば迷わず経験を取るべきだと思うし、メリハリやバランスが重要だと思います。


②「誰かに何かをするための節約」

もはや愛ですよね。

たとえば大好きな彼氏、彼女にプレゼントするために節約したことは誰しもあるんじゃないでしょうか。


③「他人に対する節約」

他人のために使うお金を節約することですね。

逆にこれは絶対してはいけない類の節約だとボクは思っていて、これはもう節約というか「ただのケチ」になってしまうからです。

たとえばお世話になった人への手土産とか友達の誕生日祝いとか。

節約しようとする気持ちを持って選ぶとダメだと思います。そういうの絶対伝わるから「あいつめっちゃケチ」という印象が必ずつきます。

別に無理して見栄を張る必要は無いですが、節約したい気持ちがある中でも、ケチらずにある程度の物を送るのが良いとボクは思います。


喜んでもらいたい<節約したい=✖️
喜んでもらいたい>節約したい=◯


大事なのは送る相手に喜んでもらいたいと思う気持ちですからね。

 

 

 

 

 

 

 


以上のように節約には3種類あるということを踏まえた上で

”なぜ節約してもお金持ちになれないのか?”

ってことなんですが、これ本当に不思議やと思いませんか?

なんか理論的に考えたら節約すればするほどお金はどんどん貯まっていくからお金持ちになれるはずやのに。

なのに現実は節約すればするほど本質的なお金持ちからはどんどん遠ざかってしまう。

めっちゃ不思議やと思いませんか?

でもなんとなくその理由が分かったような気がするので今日はその理由を発表したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずお金持ちになるためには当然お金そのものを稼がないといけないわけですが、そもそもお金を稼ぐというのはどういうことなのかというと、これはいつも通りガネーシャの受け売りになりますが

お金を稼ぐ=人を喜ばす

ということです。ボクはそう信じてます。

ではお金持ちとそうじゃない人の違いは何なのかというと


お金持ちの人=人を喜ばそうとする

お金持ちじゃない人=自分を喜ばそうとする


シンプルにこういう違いだとボクは思うんですがどうでしょうか?

つまりお金持ちの人は「より良いサービスを提供してたくさんの人達に喜んでもらいたい」と人を喜ばすことを常に考えていて、実際に行動して多くの人達に喜んでもらった結果、多くのお金を稼ぎます。

逆にお金持ちじゃない人は「より良いサービスを受けたい!」と自分を喜ばすことを常に考えていて、実際により良いサービスを受けるために多くのお金を浪費することになるので、お金持ちじゃない人のままという結果になります。ボクがこの部類に入ります。やかましいわ。

 

 

 

 

 

 

 


要はその行為が

”人を喜ばす行為なのか?”

もしくは

”自分を喜ばす行為なのか?”

簡単に、シンプルに、この2つのどっちになるのか?と考えればいいと思うんです。

じゃあ節約ってどっち?って考えてみると、②を除いて確実に自分のみを喜ばす行為だと思うんです。


「やったー!あれ食べるの我慢したから1000円節約出来たー!」


これって喜ぶの節約した自分自身だけじゃないですか?他に誰も喜びませんよね?

これがいくら節約したところで絶対にお金持ちにはなれない正体であり理由だと思うんです。

なぜなら

節約=自分を喜ばす

だけの行為であって、他に誰も喜ばせてないからです。

皮肉にも必死になって節約しようとすればするほど、実はそれは自分を喜ばそうと必死になっていることとイコールになってしまうので、お金持ちの人達とは真逆のことをしてしまっているのでどんどんお金持ちから遠ざかってしまうんじゃないのかなと思うんです。

でも逆に1000円節約するんじゃなくて余分に1000円稼いでしまおうと発想を転換させると

稼ぐ=人を喜ばす

という真逆の行為に変わるので結果的に不思議と余分に1万円稼げたりするものだし、理にかなってると思うんですよね。なにより人を喜ばそうとしてるときはポジティブなエネルギーで溢れているものです。

これがボクがいつも言う

”いくら節約するかよりもいくら稼ぐか理論”

になるわけなんですけどね。

 

 


いやもちろん節約もとても大事なんですよ。

でも重要なのはメリハリとバランスだと思うんです。

あまりにも節約!節約!節約!って必死になってしまうと

「うわ!これこないだ買ったときより300円も安くなってる!くそー!もう少し待てば良かったー!」

みたいにいちいち細かいことで落ち込んだりしてしまうし、少なくともポジティブではないですよね。

自分自身への節約もするけどあまり無理はせずに適度に自分にもキチンとお金を使う。そして節約して出来たお金を今度は人を喜ばすために一切惜しまずに使う。

これが理想なのかもしれません。


人を喜ばす<自分を喜ばす=✖️
人を喜ばす>自分を喜ばす=◯


それがやがて


人を喜ばす=自分の喜びになる


お金持ちになる人というのはこういう人間なのかもしれませんね。

知らんけど。