続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

サーカスを見に行こう!

 

f:id:hiyokocurry:20190719040231j:image


たまには外食しようぜと近所のカフェでフラットホワイトとエッグベネディクト。こういうのもたまに食べると美味しいです。

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190719040305j:image


ノブくんリクエストの手羽先の唐揚げ。

勘が戻ってきたんでしょうね。我ながら唸るほど美味かったです。ビールに合う合う。

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040449j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040452j:image


またまたノブくんリクエストの親子丼。

大量に作ったので次の日も朝から贅沢に親子丼でした。でも味付けが濃すぎてちょっと辛かったです。さっき勘が戻ったって言ったの撤回。すまぬノブくん。

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190719040518j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040511j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040514j:image


嬉しいけど長過ぎて最後まで読むの諦めたわ。

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190719040541j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040545j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040549j:image


楽しみにしてたサーカス見に行きました!

一番前のVIPの席です!

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190719040623j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040626j:image


このゼロ距離!!!

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040648j:image


サーカスといえばピエロ。

この後も合間合間に出てきてわ客をいじって会場を爆笑の渦に巻き込んでました。さすがです。ピエロはサーカスの花型ですね。

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040732j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040725j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040728j:image


空中ブランコ的な。

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040807j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040812j:image


白人のサーカスはなんというか、ちょっとエロスの要素がある。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190719040920j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040916j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719040923j:image


綱渡りのレベルの高さが常軌を逸しとる。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190719040956j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719041000j:image


このお姉さんめちゃくちゃ綺麗やったなぁ。この写真で伝わるわけないんやけども。

 

 

 



 

 

f:id:hiyokocurry:20190719041116j:image


球体の中でバイクがグルングルン回るやつ。合計3台で回ってました。コンマ何秒のミスで大惨事です。

 


からの

 


f:id:hiyokocurry:20190719041139j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190719041142j:image


サーカスのテントの外からバイクが走ってきて球体ビューンて回転しながら飛び越えて行きました。何度も何度も。圧巻。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190719041217j:image


グランドフィナーレ。

この他にももっともっとたくさんのショーがありましたけど夢中になりすぎて写真撮れなかったです。途中20分の休憩を挟んで合計2時間のショーでした。

いやもうほんとディズニー行ったときもいつも思うけどエンターテイメントの世界は圧巻ですね。もう圧倒的です。全力でお客さんを驚かせて喜ばせようとしてるのがブリブリ伝わってきます。こないだサンマの塩焼きがどうのこうの言うてた自分を殴りたいです。ああもう恥ずかしい。

サーカスなので一回一回舞台装置が変わるんですけど、その合間も必ずダンサーやらピエロやらが出てきてお客さんを飽きさせないようにするんですよね。

 


f:id:hiyokocurry:20190719041238j:image


最後は出口に出演者総出で写真撮影のサービスまでありました。

素晴らしいの一言です。

ボクもノブくんも大興奮でした。

サーカスなんて子供の頃以来でしたけど、めちゃくちゃ楽しかったです。

木下大サーカスとかボリショイサーカスとかと同等、もしくはそれ以上やったかもしれません。

ほんと楽しかったです。

それにしてもやっぱりなんかちょっとエロいねんなぁ白人のサーカス団。

2人前からの自炊最強説

 

f:id:hiyokocurry:20190715151617j:image

 


久しぶりにカレー作りました。


シュガースナップがサクサクで甘くて辛いカレーに合ってて美味しいです。


2日目のカレーも安定の美味しさでした。


3日目は和風出汁で割ってカレーうどんにしました。麺はもちろんノブくんが手打ちで打ったうどんです。コラボです。クッソ美味かったです。


思えば料理するの1年ぶりくらいです。


作ってて腕がだいぶなまってるのがわかりました。要領とか手際とかだいぶ悪くなってるなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190715151650j:image

 


食後にノブくんと海辺を散歩しながら寒い中ベンチに座ってアイスクリームを食べたり。


今ね、この街にサーカスが来てるんです。


せっかくなので2人で見に行くことにしました。50%オフのバウチャーもゲットしたので、どうせなら一番良い席で観ようぜとVIP席の一番前の席を予約しました。めちゃくちゃ楽しみです。

 

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190715151824j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190715151819j:image

 


野うさぎ。かわいいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20190715152141j:image

 

 

何年やってても嬉しいよね。

 

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190715151845j:image

 


ノブくんのリクエストで唐揚げ。

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190715151908j:image

 


ポテサラも手作りで作りました。


ノブくんめちゃくちゃ美味しいです!と喜んでくれました。良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190715151932j:image

 


バルコニーでステーキ。


美味しかったけどボク的には焼き加減めちゃくちゃヘタクソやし盛り付けも微妙でなんだかなかぁって感じでした。ほんま腕がだいぶなまってるなぁ。


でもノブくんめちゃくちゃ喜んでくれて「こんなことされたら俺もとっておき披露します!スコットランド在住1年の本気見せます!」と次はノブくんがめちゃくちゃ豪華なディナーを用意してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190715152029j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190715152035j:image

 


どーーーーーーーーーん!!!!!!


これはヤバイやつや!!!!!


ちゃんと漬けにしとるし!!!!!


いやもう最高に美味かったです。


2日目はサイコロ切りにして、和風出汁を作って海鮮出汁茶漬けにしました。


マジ最高でした。


これほんま思うけど、自炊もね、1人やと味気ないんですわ。食材も余るから同じメニューばっかりになるし、作って美味しくても共感する相手おらんから作って食べるだけのただの作業になってしまうし。


でも2人前からの自炊やと好きなものを作れて、美味しいわ安くて経済的やわ楽しいわ会話も弾むわ美味しいわで最強ですよね。


2人前からの自炊最強説。


あると思います。

スコットランドで人生最高の手打ちうどん

 

f:id:hiyokocurry:20190709215730j:image

 


ノブくん家にお世話になって数日経ちました。


ノブくんはもうすぐ大学卒業なので今1番忙しくて毎朝早くから大学の研究所に行ってます。


ボクも朝からギターの練習したりストレッチしたり銀行に両替に行ったりして10時頃からバスキングするので、お互い帰って来るのは夕方頃です。


そこから毎日2人で交代で自炊して、晩酌しながらディナーを楽しむのですが、これがもう毎日毎日最高なんですよね。

 


f:id:hiyokocurry:20190709215808j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20190709215815j:image

 


こんなふうにバルコニーを全開にしてディナーを楽しんでます。ちょっと寒いけどアジアと違って湿気が無いからカラッとしててすごく気持ち良いんですよね。暗くなるのも22時頃からやし。


今度天気が良くて気温が高い日にマンションの前の芝生広場に行ってワイン飲んだりしようぜと話してます。

 

 

 

 


f:id:hiyokocurry:20190709215844j:image

 


ノブくんが作ってくれた串焼きとパスタ。


塩加減と味付けが絶妙です。ノブくん料理のセンスありよる。


そしてこれマジで驚いたんですけど、ノブくんスコットランド生活の中で自力でうどんこねて作れるようになったそうで、ある日手打ちうどんを振る舞ってくれました。

 


f:id:hiyokocurry:20190709215922j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190709215913j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190709215917j:image

 


マジで人生で1番美味いかもってくらいコシがすごい!!!


モッッッッチモチ!!!


つけダレももう日本そのもの!!!


ノブくんに聞いたら、これ小麦粉と塩と水だけらしいんですよね。youtube見て研究したそうです。マジかよ。小麦粉と塩と水だけでこんなに美味いうどん作れるんや。知らんかったわ。


最後はつけダレをお湯で割って飲み干しました。


いやマジで人生最高の手打ちうどんやったわ。


ノブくんのおかげでスコットランド生活めちゃくちゃ満喫してます。


ボクもここらでちゃんとZorro's kitchen openさせよう。ノブくんに喜んでもらわないと。

"幸せは作れる"

 

f:id:hiyokocurry:20190704190526j:image


オランダを早めに切り上げてアイルランドのダブリンにやって来ました。

目的は先乗りしてた太一くんと合流するためです。

太一くんは今回初のアイルランドやったんですけど、到着早々ロスバケ。からの財布落として無一文からのスタートだったみたい。

当の太一くんと合流したらケロッとしてました。

お前マジでよく乗り切ったな!と心から尊敬します。それにしてもケロッとし過ぎやろ。

太一くんは色々ダブリンの街を調べてくれていて、たくさんおもてなししてくれました。どんだけ余裕やねん。最高かよ。

2日間丸々朝から晩まで太一くんとダブリンで遊び尽くしました。控えめに言っても最高でした。楽し過ぎて逆に写真1枚も撮ってないからね。

正直いうとここまで太一くんと仲良くなれるとは当初思ってなかったんですよね。

これ本人にも言うたんですけど、出会った頃はなんていうかこう、ベジータみたいなやつだったんです太一くん。

俺様がナンバーワンだ的な。

そんな雰囲気出てたんでちょっと付き合いづらかったんです。

それが今こんなに仲良しになったので、ほんまに人間関係ってどうなるかわからんなとつくづく思います。

ボクはもう何度も何度も書いてるけど昔っから人間関係ミラクル下手くそで、そのせいで人生めちゃくちゃ損してきたと思います。

人の悪いところを見つけて「はい無理」ってシャットアウトするんじゃなくて、悪いところもあるけどそれ以上に良いところを見つければ、もっともっと仲良くなれてた友達が今まで何人、いや何十人いたことかと猛烈に反省しています。

ごめんね、今までボクと関わって嫌な思いさせてきた人達。ほんとごめんなさい。

またオランダの話になりますけども、ユトレヒトの街はね、夕方になると人々は家の前に簡単なテーブルとイスを置いてね、友達とワイン飲んだりしながらお喋りを楽しんでるんですよ。割と何時間も。

それ見てて思ったんですけど、仮にユトレヒトに住んでても、いや、どこに住んでてもですけど、そういう友達が全くいなかったらめちゃくちゃ人生おもんないやろなぁと。逆にそういう友達がいたらやっぱり人生楽しく過ごせるやろなぁって。

友達最高説。

幸せってなんだろうか?って常々思ってるんですけども、今のところのボクの結論は、幸せは瞬間的なものだと思うんです。

「あぁ幸せだなぁ」って思うことってそんな長く続くものじゃないじゃないですか。

ふとした瞬間に幸せって感じるものだと思うんです。

そして案外、小さな幸せは自分で作れるものだと思うんです。

例えばですけどあえて1週間シャワー浴びなかったら、1週間ぶりのシャワーを浴びたとき「あぁ幸せだなぁ」って確実に感じるはずなんですよね。

カップルなら小さくてもいいから自分達でイベントをたくさん作るんです。今週末はどこどこに行こうとか来週末はどこどこのレストランに行こうとか。

そしてボクみたいに独り身の人ならやっぱり友達と出来る限りたくさん過ごすことじゃないのかなぁって最近思うようになりました。

人と関わって生きていく。

友達を大切にして生きていく。

そうすることで瞬間的で儚い幸せってものを人生の中でたくさん感じれるのかもしれないなぁって。

幸福論。

40手前にして、ようやく、ようやく、ボクは大事なことに気づけたのかもしれません。

話は変わって去年スコットランドで歌ってたときにノブくんって子と出会って意気投合してめちゃくちゃ仲良くなったんです。2日連続で飲みに行って何時間も喋ってました。ボクにしてはレアってくらい初対面で仲良くなれた子だったんです。

ノブくんに連絡取ったらまだギリギリでスコットランドにいるみたいで、今までのボクなら有り得ないんですけども、ダメ元で2週間くらい家に泊めてくれへん?って聞いてみたところ2つ返事でオッケーしてくれたので、予定を変更してノブくんと2週間一緒にスコットランドで暮らしてみることにしました。ノブくんとなら絶対楽しくなると思うし。

今回自分から進んで友達と絡んでいったら、あんなにも憂鬱で嫌いだったヨーロッパでさえ楽しくなってるのが本当に驚きです。

もっかい言うけど友達最高説。

そして幸福論。

この思いをどうかいつまでも忘れませんように。

"幸せは作れる"

ゾロ語録に入れとこ。

ユトレヒトの丼物専門レストラン高乃助

 


オランダの中でもボクはユトレヒトって街が気に入っていて、今回で3度目の滞在になるんですが、気に入ってる理由の1つとしてユトレヒトには絶品の丼物を食べさせてくれる日本食レストランがあるんです。


f:id:hiyokocurry:20190701214555j:image


「高乃助」って名前の丼物専門レストランです。

ユトレヒトのセントラルからは結構離れてて、徒歩20〜30分くらいかかるんです。これ実はわざとこんな離れた立地に店を出したらしいです。

外装も内装もこだわっていて、モダンな和のテイストって感じです。

若女将さんは着物を着て接客してるんですが、これがまた立ち振る舞いからちょっとした所作まで雰囲気抜群の若女将さんなんですよね。


f:id:hiyokocurry:20190701214615j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20190701214620j:image


去年もヨッシーユトレヒト在住のジャズシンガーのワカさんと3人で食べに来ました。


最初にたくさんある薬味の中から好きな薬味を3つ選べるんです。

柚子胡椒とか茎わさびとかガリとか海苔とか色々あるけど、このシステム良いですね。選べるって楽しい。


f:id:hiyokocurry:20190701214656j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190701214701j:image


オススメは海鮮丼!17ユーロ!

サイコロ切りした新鮮なサーモンとマグロとホタテが混ざって熱々の白ご飯の上にドカーン!と乗っています。これが見た目以上にたっぷり乗ってるんですよね。

最初は選んでおいた薬味と一緒に醤油をかけて食べるんですがあまりにも美味しくてそのまま完食しそうになるのをグッとこらえます。

半分から3分の1くらいのところで出汁をかけて海鮮出汁茶漬けにして食べるんですが、サイコロ切りした新鮮なサーモン達が半生、まさにレア状態になって言葉に出来ないほど絶品なんです。

白飯もめちゃくちゃこだわってはるからすごく美味しく炊けてるし、とにかく隅々までこだわってる店なんですよね。

なのに値段は別に高級レストランではないっていう。いつもオランダ人でいーっぱいなので予約しないと入れない名店です。

立地に始まって、全て店主の作戦だったらしいので大成功ですよね。

今まで63カ国周りましたけど、ボクの中では外国にある日本食レストランではナンバーワンだと思います。

もしオランダのユトレヒトに行くことがあれば是非行ってみてください。

大満足間違いなし!

花蓮がほんと素敵

 

f:id:hiyokocurry:20190625153331j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190625153347j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190625153352j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190625153356j:image


オランダはどこの街も運河の街になってて、運河の行き交うボートの上では若者達がワインを飲みながら優雅にディナーを楽しんでたりするのがめっちゃ素敵で羨ましいです。いつかやってみたいなぁ。

こないだ煙が上がっててよく見たらボートの上でバーベキューしてましたわ。最高やなそれ!

オランダは来るたびに思うけど、教育水準がめちゃくちゃ高いからかヨーロッパでも3本の指に入るくらい民度が高いですよね。キャッシュレスも先進国やし。北欧、スイス並みの民度の高さがあります。街並みも人々の服装や身だしなみまで洗練されてます。治安もすこぶる良いですし。

今いちばんヨーロッパの中でも移住したい国に上がってるのが頷けますね。

話は台湾にさかのぼりまして

去年の12月くらいに太一くんと、ともやと3人で九份に泊まりで遊びに行ったんですが、みなさんもご存知の通り九份なんて普通余裕で日帰りで行くもんなんですが、あえて泊まりで遊びに行ったら最高に楽しかったんです。

ほんで年明けて今年の1月に今度は太一くん、ともや、慎太郎の4人で花蓮に2泊3日で遊びに行ったんですけどこれがまたまた最高に楽しかったんです。

なのでボクがヨーロッパに渡るまえ、今月の中旬くらいに、今度はナオちゃんメイナちゃんカップルと慎太郎の4人でまたまた花蓮に2泊3日で遊びに行ったんですよ。

あ、ナオちゃんメイナちゃん付き合ってカップルなんですよ。もう婚約もしてるみたい。

2人の出会いは1年半前のボクのレコーディングの時だったんです。


f:id:hiyokocurry:20190625153413j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20190625153419j:image


このとき。2ショットあったね。

 

 

f:id:hiyokocurry:20190625153428j:image


レコーディングを終えて上引水産で打ち上げのとき。


付き合い始めた当初は実はボクは心配してたんですが、完全にいらん心配でした。

2人とも本当に仲良くて幸せそうなのでボクとしては本当に嬉しいです。自分がきっかけで2人が出会って婚約して一生幸せになってくれたら、そりゃ単純にすごく嬉しいです。

とにかくまぁ4人で花蓮に2泊3日で遊びに行ったんですけど、あいにくの大雨やったんです。

それでも最高に楽しかったです。

ずーっと朝から晩まで4人で喋ってました。

雨が上がった間に4人で飯食いに行ったり夜市行ったりコンビニ行ったりしたんですが、道端を歩いてると前に若いカップルが歩いてて、彼氏の方が道端に倒れてた植木鉢をサッと直してあげたんですよね。

えー!めっちゃ優しい!

彼氏超カッコいいやん!

ほんわか〜ってなりましたよね、心が。

夜市の中にめっちゃ美味しい焼きそばの店があるんですけど、あまりにも美味しいから2日連続で夜飯で行ったんですけど、そこ焼きそばパンもあってみんなで明日の朝飯に買って帰ろうぜ!と焼きそばパン4つ店員さんに注文したんですよ。

怪訝な顔してる店員さん。

だって4人とも今それぞれ焼きそば食うてるからね。

明日の朝食べるねん!と説明したらね「明日の朝何時くらいに食べるの?」って聞くから「んーたぶん10時くらいかな」って言うたらね、これもうほんま驚いたんですけど「じゃあ明日朝の10時に取りに来て!」って言うんですよ。

(え?まさか夜市やのにオレらの焼きそばパンのためだけに朝来て作ってくれるとでもいうの?そんなまさか・・・)

翌朝慎太郎と2人で、まさかなーあそこだけ朝も普通にやってんちゃうん?とか言いながら取りに行ったら当たり前やけど夜市全閉まりの中、焼きそば屋さん今ちょうど着いたみたいでお店開けてマジでボクらの焼きそばパン4つのためだけに来てくれたみたいで目の前で出来立てを作ってくれました。

もう神すぎるやろ台湾。

ボクちゃんと数えたら今回の台湾で合計21カ月滞在してるんですよ。

こんだけおってここに来てまだ台湾の評価上がりますかと。

もう評価がずーっと上がるだけの国、奇跡の国、台湾。

ああ

台湾、愛してる。

サンマの塩焼きバスキングのススメ

 


みなさんコマ回しのテツ覚えてます?

ボクのブログでは2年前のパリ編で出てきたやつなんですけど、当時テツは18歳でした。今は20歳になったのかな。怖ぇよ。まだハタチかよ。

コマ回しが神技で当時もパリでバスキングしてたんですけど、まさに鳴かず飛ばずという言葉がしっくりくるくらい、素晴らしい技術とパフォーマンスなのに全然稼げなくて泣きそうになってたテツなんですけども、2年の月日を経て台湾で再会したんですけど、とんでもなく化けてましたね。

まぁ元々腕が本物なので1000ドルプレーヤーの素質あるなコイツと思ってましたけども、本物の一流のパフォーマーになっててビビりました。

聞くとオーストラリアで同じ土俵の大道芸系の一流の日本人ソロダンサーバスカーと出会って、その方に一から大道芸のイロハを教えてもらったそうです。

実はショーの内容自体は2年前とほとんど変わってないんですよね。やってることはほぼ同じなんです。

何が変わったかというと

2年前はただひたすら音楽を流しながら芸を披露してたんですよね。

でも今は、とにかく人だかりが出来上がるまで一切芸を披露しないんです。

ショーの時間は吉田兄弟の三味線の音楽に合わせて約3分ほどなんですが、人だかりが出来上がるまで一切始めないんですよね。

じゃあ人だかりが出来上がるまで何してんの?って話なんですけども、音楽を爆音で流しながら、ゆーっくり、ゆーっくり、と、ただひたすらゆーっくりと準備してるだけなんですよね。

だいたい約10分くらいかけて準備してるんですが、わざとゆーっくり、ゆーっくり、と準備しよるんです。

すると不思議なことに少しずつ少しずつ人だかりが出来上がってくるんですよね。

準備中3分に一回くらい小さな小技をサラッとやったりするんですけど、それがまた技がいちいち本物で凄いから集まってきた人だかりが散っていかないんですよね。

もうね、見てるこっちがヒヤヒヤするくらい人だかり出来上がってんのにテツぜんぜんパフォーマンス始めないんですよ。まぁ引っ張ること引っ張ること。

ほんでテツが満足するくらい人だかり出来上がったら、そこからMCを入れて音楽を吉田兄弟に変えてショーが始まるわけですが、そのMCの時に最終最後に人だかりをもっと手前に誘導しよるんですよ。

一度でも大道芸見たことある人なら分かると思います。もうちょっと前に来てください!あと3歩前にお願いします!的なあれです。

そして満を持して芸を披露するわけですがテツの場合、本物ですからね。芸が。

動きやキレ、それに終わり方の分かりやすさも大道芸人のそれになっててあまりの成長ぶりにボクはもう泣きそうになりましたわ。なんならテツは息子でもおかしくない年齢ですからね。怖っ。

人だかり作るのに10〜12分、ショーが3分。

1時間に3〜4ショー出来ればオッケーって感じみたいですね。

何回かショーを見てたんですけど、100発100中で人だかり作りよるんですけども、あいつ自分が満足するくらい人だかり出来なかったら辞めよるんですよね。音楽止めて片付けて、もっかい始めからやり直しよるんですよ。集まってた人達の頭の上に「?」て出てましたからね。

マジ強気。本物は違うよね。

何回か見てて気づいたんですけども、さっきも書いた人だかりを手前に誘導するあれ。あと3歩前にお願いします!的なあれです。

実はあれこそが大道芸の稼ぎの1番のハイライトやなと。

あそこが境界線やなと。

人だかりを手前に誘導出来たらそのショーは成功なんでしょうね。見てた感じおそらく8割がたチップ入りますね。

そして誘導出来なかったらショーをやらずに片付けてまた一から準備をやり直せばいいわけです。

うーん。

同じバスカーでも音楽系とはビジネスモデルがぜんぜん違うんですね。

非常に勉強になりました。

人だかりを作るポイントは「何してんのかわからん」ことです。

もう4年前くらいになると思うんですけども、ボクがメルボルンでゆりなちゃんと2人で夜の川沿いでバスキングしてたとき、日本人の大道芸人が話しかけてきたことがあるんですよね。

その大道芸人が言うてました。


「人はなぜ立ち止まると思う?それはね、何をしてるのか分からないから立ち止まるんだよね。何をしてるのか分かると人は去ってしまうんだよ。だからもし俺が歌を歌うなら最初はギターを構えて腕を上げて空を見上げて何もせずに動かずに待つよね。何してるのか分からないと必ずポツポツと人が集まってくるからね。そしてある程度集まったところでジャーンと弾き始めるんだよ。」


人だかりを作るプロは目線とか考え方が違うもんやなぁと感心したもんでした。


それと同じことをやっぱりテツもやってるんですよね。


すごいなぁ。ほんとに。人は成長するんやなぁ。


今現在、間違いなくテツは世界にたった1人しかいない大道芸人です。


話は変わって、バスカー仲間みんなで居酒屋で飯食うてたんですけども、ナオちゃんがサンマの塩焼きをめちゃくちゃ綺麗に食べるとこを見てボクは閃いたんですよね。これは大道芸になる!と。しかもなかなかなのビジネスチャンスや!と。


実際ナオちゃん本人にも強く推奨して一瞬ナオちゃんもちょっとその気になったんですけどやっぱり絶対やらない!と笑いながら言うてたんで今からその内容をここに書きますけども、もしこれを読んでて「よし!やろう!」って人が出てきたら嬉しいです。くだらんと思う人も多いかもしれませんけども。


簡単に言うと箸を使ってサンマの塩焼きを綺麗に、頭、骨、尻尾の状態にするっていう芸です。


こんな状態↓

 


f:id:hiyokocurry:20190624203148j:image

 


まぁ日本人なら練習すれば誰でも出来るようになるでしょうね。焼き上がりすぐならなおさら簡単に出来ます。


実際ちょっとその気になったナオちゃん本人と一緒に同じ居酒屋に行ってサンマの塩焼きを4匹注文して4匹全てを頭、骨、尻尾の状態にするのをタイムトライアルで測ったところ、平均2分ちょいで4匹全て見事に綺麗に頭、骨、尻尾の状態になりました。30過ぎのおっさん達が集まってやることか!と。


これを前述した大道芸のビジネスモデルに当てはめて行きます。


例えばホコ天の、万人の人が行き交うど真ん中で、爆音で音楽流しながら、袴かなんかの衣装を来て、ガスコンロで網を置いてサンマを焼いてるんです。もう絶対確実に人だかり出来ますよね。間違いなく人だかり出来ます。自信あります。


看板には魚の絵と箸の絵と日本の旗を描いて、芸名も決まってます。


 "Fish&Chopstick"


です。


察しの通りフィッシュ&チップスに掛けてます。


BGMはいろいろ考えたけどやっぱり例のあれでしょうね。


さかなさかなさかな〜♪さかなを食べると〜♪


これ一択でしょうね。


これを爆音で流しながら袴来て道端でサンマ焼いててみ?確実に人だかり出来上がるから。


片面焼くのに5〜6分、つまり焼き上がるまで10〜12分です。この間に人だかりを作りあげます。


そして焼き上がったところで音楽を止めてMCです。


"Ladys and Gentleman! Thank you for waiting! My show is very verv short about 3min! Please come close 3steps more! Thank you!"


例の手前に誘導するステップです。


人だかりを3歩手前に誘導したところで3分くらいのBGMを流します。


実際2分くらいで頭と骨と尻尾の状態に出来てしまうので、合間にちょっと大袈裟に難しそうに動いてみたり、ちょっとした箸芸、例えば指先で箸をポールペンみたいにクルクル回す小技を披露したり、画用紙にカンペみたいに「サンマが生涯に泳ぐ距離はどれくらいでしょう?」「答えは800万kmです!」ええ!そんなに泳ぐの!?とか入れてみたりして。(※注、適当です)


ほんでもう最後の最後、頭と骨と尻尾になる直前に音楽を変えて、例えばターミネーターのダダンダンダダン!とかにして


ジャジャーーーーン!!!


と最終最後に頭と骨と尻尾の状態になったサンマを頭上に掲げてフィニッシュです。


1回のショー約15分。1時間に3〜4回できます。


これ冗談抜きでヨーロッパとかオーストラリアとかバカウケすると思うんですよね。


Fucking amaging Japanese! Omg! Crazy Japanese chopstick skills!!!


とかみたいになってYouTubeとか物凄い再生回数とかされそうやし、芸が磨かれていくうちになんやったら各国のゴッドタレントとかに出てもおかしくないんちゃうかなと思います。そんくらいポテンシャル秘めてると思うんですよね。


外国の人達は魚があんな風に頭、骨、尻尾になった状態、アニメとか以外で見たこと絶対ないはずなんですよね。それを日本人特有の箸でやるわけですからね。日本食ブームは世界中にあるので誰もが一度や二度は箸を使ったことのある外国人がほとんどな上に、その使い方の難しさを知っとるわけですからね。もはや神技ですよ外国人からしたら。


どうでしょうか?


くだらんと思いますか?


日本人なら誰でも出来ると思います。


でもやってるやつは今のところ1人もいません。


そこがポイントなんです。


やるか、やらんか。


今から始めた人は間違いなく世界にたった1人だけの大道芸人になると思います。

 

ただ最後に唯一の問題点があって、後処理です。

 

犬か猫のペットでもその場にいれば、捌いたサンマの塩焼きをポンと置いてペットが食べれば笑いが起きるでしょうし、食べなくてもまた笑いが起きるでしょう。でもそんなペットを連れて世界を旅出来ませんからね。それになんかかわいそうやし。

 

自分で食べるにしても1日4匹、これが週に5日続くことを考えたら軽く鬱になりますよね。もう見るのも嫌になりそう。ていうか体に異変が起きそう。

 

ちなみにナオちゃんがやらない理由としては「サンマを嫌いになるくらいならやらない。ボクはサンマを美味しく食べれる人生を選びます」だそうです。ボク爆笑して死ぬかと思いました。

 

この後処理問題の良いアイデアさえあれば完璧だと思うんですよね。


最後の最後に中途半端なままではございますが、以上、サンマの塩焼きバスキングのススメでした。


ご静聴ありがとうございました。