続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

”Excuse me, can you speak English?”

 

 
”Excuse me, can you speak English?”

 

そこから始まる数え切れないほどの物語がこの世にはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”Excuse me, can you speak English?”

 

それは行動に移した者だけが紡ぐことが出来るストーリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まあ

ナンパなんですけどね。

実はまぁほんまにいろいろありまして

ボクは台北でナンパすることになったんです。

街を歩いててめっちゃ綺麗な女の子を見かけたら声かけるんです。

”Excuse me, can you speak English?”

って。

ひらたくまとめるとただそれだけの話なんですけどね。

これがなかなか行動に移せないもんなんですわ。

でも勇気を出して声を掛けてみると、そこから数え切れないほどのストーリーが生まれるんです。

それがストリートナンパなんです。

そしてこれは至って真面目な話なんですけども

実はナンパって突き詰めていくと

”究極の自分磨き”

に他ならないんですよね。

「は?」

ですよね。

ええ

わかってます。

わかってますとも。

ナンパ=チャラい

っていうのが世間の通説であって

ナンパ=究極の自分磨き

なんて

今ボクは、言うなれば真反対と言っても過言ではない事を平気な顔して、なんやったらちょっとドヤ顔で言うたわけですから

「は?」

ってなるどころかイラっとするでしょうね。

いや

もちろんチャラいナンパ師もおると思うんですが

・・・・・・。

いや、やっぱりちょっと待って

そもそも

”チャラい”

ってなんなん?

っていう話なんですけども

どういう状態になったらチャラいの?

っていう話なんですけども

ボクが思うにチャラいっていうのは明確な定義なんてものはなくて、強いていうなら

”欲望に忠実になる度合い”

なんじゃないのかなぁと思うのです。

つまりけっきょくのところ人類全員”チャラい”とボクは思うのです。

何故なら生きる事そのものが欲望の上に成り立っているわけですから。

食べる
寝る
遊ぶ
セックスする

言い換えるならば

生きる=チャラい

のではないでしょうか?

だってどんなに真面目な人だって

だってどんなに欲が薄い人だって

食べるし、寝るし、遊ぶし、セックスするわけですから。

 

 

 

 

 

 

 


でもまぁ

その度が過ぎる人達のことを

”チャラい”

世間一般では言うのかもしれません。

つまり

性欲に特化して度が過ぎる人達が行なう行為がナンパなわけですから

けっきょくのところ

ナンパ=チャラい

っていう通説は合ってるんだと思います。(おい!)

それすなわち

ゾロ=チャラい

っていう残念だけど認めざるを得ない通説が成り立つわけですが

でも!

それでも!

ナンパ=チャラい

の裏側にある知られざる真実

ほとんどの人達が知らないであろう真実

ナンパ=究極の自分磨き

っていう側面があることを

ボクは伝えたい!

ボクはみんなに伝えたい!

そんなわけで次回からナンパ=究極の自分磨きだというボクの持論を書いていこうと思います。