続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

ドイツほんと飯美味しくない

 


f:id:hiyokocurry:20170809153109j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153155j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153210j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153228j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153247j:image 


ライプツィヒ何もねぇわ。

いや、それを言うてしまえばほとんどどこの街も何も無いんですけども。(あくまで観光音痴のボクの所感です)

 

 

 

 

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153307j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153328j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153345j:image


どうしてもカツ丼が食べたくて注文しました。

七味をたっぷりかけていただき

マズっ!!!

でした。

ボク実は元々調理師でシェフなんですけど、しかも和食出身なのでこれはすごくよく分かるんですけども

このカツ丼

出汁と料理酒とみりんと砂糖が入ってないです。

玉ねぎとネギすら無し。

ようは水沸かして醤油と塩入れて卵溶いて入れた物を白飯とカツの上に乗せただけです。

もう絶望的にマズいです。

これで14ユーロもしました。

日本酒と合わせて19ユーロ。

お前マジかドイツこら今2017年やぞと。

2017年にもなって先進国ドイツのジャパレスのカツ丼が14ユーロでこれかお前?と。

ほんまガッカリでしたわ。

なんやったら両替詐欺と盗難に2回あったチェコプラハよりもガッカリでしたわ。

 

 

 

 

翌日は気を取り直して

いうてもここドイツやから

ドイツで日本料理のクオリティ求められても・・・

っていう言い訳をあまんじて受け入れて

じゃあせっかくやからドイツ料理を食べようじゃないかと

そんな訳で世にも珍しいシュニッツェル専門店でディナーすることにしました。

このシュニッツェル専門店、ざっと見たところ30種類以上のシュニッツェルが用意されてました。


f:id:hiyokocurry:20170809153410j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20170809153426j:image


シャンピニオンのクリームソースシュニッツェルを注文。

感想は

「しょっぱ!」

でした。

もうドイツほんと飯美味しくないです。

早くフランス、スペイン、イタリア、ギリシャに行きたいです。

特にスペイン、イタリアはほんまに飯が美味いらしいので本当に本当に楽しみです。

やっぱりボクは飯が美味い国じゃないとどうもダメみたいです。

ももうしばらくは我慢しないと。

アイルランドとイギリス諸国、果たして乗り切れるのかなぁ。

荷物になるのが嫌やから自炊避けてきたけども、1カ所沈没出来る場所見つけたら自炊出来るから問題解決やねんけどなぁ。

はたしてアイルランドとイギリス諸国にそんな街があるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

翌日からは週末明けで宿が安くなったドレスデンへ。

ちなみにドレスデンはドイツ東部きっての人気観光都市らしいです。

へー