続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

300ドル盗まれた

 


新しい宿にチェックインして一晩明かした翌朝。

ベッドから出て塩水うがいをして喉飴をなめようとリュックを開けると違和感を覚えました。

中の物が移動しとる。

嫌な予感がしてリュックの中をチェックすると、何かあった時の為用にトランプの間に挟んでおいた300オーストラリアドルだけが抜かれてました。

やられた。

スーツケースとギターケースにもそれぞれ300オーストラリアドルずつトランプに挟んで入れてあるんですが、それらは無事でした。良かった。いや良くねぇわ300ドル盗まれとんや!

すぐに宿のオーナーに話すとおそらく同室のアイリッシュの若者じゃないかと。

3人部屋なんですが、1人はボク、1人は1泊のみのアイリッシュのツーリスト、そしてもう1人は長期滞在中の20歳で職探し中のアイリッシュの若者。

初見の時からフレンドリーやけどジャンキーっぽい感じの若者でしたけど、かといってその若者が盗んだという確証が無い。3人部屋の扉、鍵無いので宿泊者なら全員入って来れるし。

他の部屋のヤツで昨夜からキッチンと中庭と自分の部屋を行ったり来たりしてる挙動不振な男がおったのでそいつも怪しい。

オーナーいわく同室のアイリッシュの若者は今夜もう一泊したら違う部屋に移動するから貴重品管理は責任もってしてくださいとロッカーのキーを貸してくれた。

ボクもすぐに引っ越しすれば良かったものを昨日違うホテルから引っ越してきたばっかりやし(そのホテルはシャワーの出に問題があった)面倒くさくなってしまって犯人はわからないものの泥棒がおる宿に引き続きステイすることにしてしまった。

結果もう一泊して確信したのは確実に同室のアイリッシュの若者が盗んだということでした。

でももうどうしようもないですが。(とっくにどこかの両替所でユーロに換金してるはずなので)

そいつツレが2人いて3人組やったんですが、部屋の中でツレとマリファナ吸うわ、夜に来た新しいツーリストのアイリッシュの男性にマリファナ5gを50€で売ってやると言ってスケールでマリファナを測り出したら男性が怪訝な顔して「お前これマリファナちゃうやんけ!」って言い出してキッチンにオレガノの空ビンが見つかってオレガノ5gをマリファナと偽って売ろうとしてるのがバレたりしてました。

でも変にフレンドリーやし口達者やし全く悪びれない。

ケラケラ笑いながらツレと共に夜遊びに出かけて行きました。

その新しく来たツーリストの男性に「気をつけて!昨日オレあいつに300オーストラリアドル盗まれたから!」って言うと、その男性「本当にすまない。お金は大丈夫?足りてる?これ少ないけど・・・」って言いながら20€紙幣を差し出してきました。

なにこの人、めっちゃ優しい。

同じアイリッシュやのに盗むヤツとめっちゃ優しいヤツが同室って。

ギターとアンプを載せてるキャリーを男性に見せて「自分めっちゃ優しいな!でもオレ、バスカーで自分で稼げるから大丈夫やで!ありがとう!」と20€を差し返しました。

けっきょく翌朝の早朝にその男性はチェックアウトしていきました。

ボクはといえば貴重品を抱え込んでビクビクしながら寝たのでほとんど眠れずに朝を迎えました。

起きたらボクと犯人と思われる20歳のアイリッシュのみ。

ボクはある細工をしたあとに、前日のあがりを紙幣に替えてもらいに銀行に向かいました。

帰ってきたら細工しておいた物に変化がありました。

はい犯人確定。

確実にこの20歳の若者です。

速攻オーナーに事情を話して1週間分の宿代を払ってた内の5日分を返金してもらってチェックアウトして違うホテルに移動しました。

アイルランド治安良いから完全に気が緩んでた。

マジでもっと気をつけよう。

 

 

暗い話題で終わるのもなんなので明るい話題を1つ。

 

これほんまに意外やったんですが、アイルランド、スーパー美女が多いです!