続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

「笑わせる」のではなく「笑われる」

 

これ。

ボクは今まで逆が正解やと思ってました。

「笑われる」

のではなく

「笑わせる」

人から笑われるっていうのは恥ずかしい、悔しいことだし、それでも笑われるなら自ら笑いに変えてこっちから笑かしたったらええやんと思ってました。

でももしかしたらボクは今までとんでもない思い違いをしていたのかもしれません。

「笑わせる」っていうのは自分を優位に持っていく行為だし、優越感を感じる行為なので=自分を喜ばす行為なんじゃないのかな?と、ふとそう思ったんです。

逆に「笑われる」っていうのは相手に優越感を感じてもらえる行為なので=人を喜ばす行為でありサービスになり得るのかもしれないなと。

人は周りから笑われたり馬鹿にされたりすると普通は「笑うんじゃねぇ!馬鹿にするな!」と怒るものだと思うんですが、中には「オイシイ」と思う人もいるわけです。

「オイシイ」と思える人は実は相手が優越感を感じていることに対して優越感を感じている人で、もしかしたら相手に転がされてる風を装って実は逆に相手を転がしてるのかもしれないなと。

本当に賢い人間は実は「笑われる」ことを自らチョイスして生きているのかもしれません。

知らんけど。

 

 

 

 

 

 

 


今日もまた最後にzorrotubeでも。

ツェルマットへ向かう電車の中からの風景です。


”From train window of the world at Swiss”
https://youtu.be/n7E6WJPNBZE


いわゆる世界の車窓からですね。