続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

因果応報 ※汚い写真すいません

 

前回の話の続きみたいな内容になっちゃうんですが、そういえば

「便座を上げずに立ち小便して便座に小便撒き散らしたままの状態」

ってこれ男にしかわからん状態やなと思ってたところ、なんと今朝まさにボクが用を足そうとトイレに行ったらまたおそらく人間1回目のやつが使用した後に遭遇してしまったので写真撮ってみました。

※汚い写真すいません


f:id:hiyokocurry:20171128015422j:image


これ便座に水滴いっぱい付いてんの見えますかね?

この水滴が1回目のやつの小便ですわ。(ここまで豪快に撒き散らしてんのも珍しいですが。)

男性の方は絶対わかると思いますが女性の方は「?」だと思うので一応説明しますと、便座を上げない状態のまま便座の空洞を狙って立ち小便をするんですが、出始めの時なのか、それとも終えて切る時なのか、はたまた最中によろめいたのか知りませんが、空洞から外れて便座に小便が掛かってしまった状態です。

考えてみてください。

トイレしようと思って入ったら今から座らなあかんところにぜんぜん知らんやつの小便が撒き散ってるんです。

めっちゃ気持ち悪いです。

でも仕方ないからティッシュで便座拭いて綺麗にするしかないですよね。

何が悲しくてぜんぜん知らんやつの小便をティッシュで拭いて綺麗にしなあかんねんマジで。

これ1回目のやつが便座上げて小便していればこんなことにならなくて済むんです。

ただ便座を上げるだけですよ。

でもただ便座を上げるだけをめんどくさがってそのまま小便しよるアホがおるんです。

もしかしたら潔癖症か何かで便座に触るのが嫌だったのかもしれません。

100歩譲ってそうだとしても、便座に小便付いたなら次に使う人のことを考えて自分の小便は自分で拭き取れよアホかと思いますよね。

まぁだから1回目なんでしょう。初めてやから慣れとらへんのです人間に。

でもここでふと因果応報かもしれないなぁとも思いました。

ボクも過去に便座上げずに小便して便座を汚したまま立ち去ったことがあったのかもしれません。次に使う人のことも考えずに。

だとしたら今こういう局面に遭遇するのも頷けます。因果応報ですから。(あそこまで豪快に撒き散らかした記憶は一切無いけどな!)

仮に「いやいやオレは今までの人生でそんなことした覚えは一切無い!」って言うのなら、もしかしたら前世でしてたのかもしれません。

因果応報ってほんまにあるんちゃうんかなと、前回の「人は生まれ変わる説」でより確信出来たというか、辻褄が合ったような気がします。

「だからか!だからあの時!」

みたいな。

 

昔、週刊少年ジャンプに「世紀末リーダー伝 たけし」っていう漫画があったんです。

ある日たけしが学校を終えて家に帰ってたら大雨が降ってきたので雨宿りしていると、知らないおじさんが通りかかって「坊や、これを使いな」と傘を差し出してくれるんです。

「え、でもおじさんは?」とたけしが躊躇していると「おじさんの家はすぐそこだから」とたけしに傘を渡しておじさんは去って行くのです。

おじさんのおかげで雨に濡れることなく家に戻ると、お母さんが大慌てで玄関にやって来て「たけし大丈夫かい?すごい雨だったでしょう?」と心配するのですが、全く濡れていないたけしと知らない傘を見て「おや?たけし、その傘はどうしたんだい?」と聞くのです。

「知らないおじさんがくれたんだ」とたけしが答えると、真面目な顔をしてお母さんが言います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


f:id:hiyokocurry:20171128024339j:image


お母さん「そのおじさんの親切を絶対に忘れちゃダメよ。」


たけし「どうして?」


お母さん「受けた恩は返さなきゃいけないの」


たけし「でもおじさんの名前も聞いてないし返せないよ」


お母さん「そのおじさんに返せないなら他の人に返しなさい。そのおじさんの優しさを今度はたけしが他の人に伝えなさい」


f:id:hiyokocurry:20171128024354p:image


お母さん「優しさは遠い昔から伝わる幸せの魔法なの。人を幸せにする魔法。」


たけし「人を幸せにする・・魔法?」


お母さん「そう。だから伝えていかなくちゃいけない。そのおじさんの優しさが、何十年後も何百年後もそこに在ってほしいから。ずっとずっと変わらない優しさを受け継いでほしいから。」


たけし「・・・・。」


お母さん「それがいつか誰かの涙を拭ってくれるように。遠い遠い国までそれが届くように。たけし。誰かに伝えてあげて。幸せの魔法を」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


っていう話があったんです。

ええ話やと思いませんか?

この話の中の「遠い遠い昔から伝わる」っていうのと、「いつか誰かの涙を拭ってくれるように」っていうくだりだって、「人は生まれ変わる説」のおかげでなんとなくしっくり来ました。

 

 

やっぱり因果応報ってほんまにあるんちゃうんかなと思います。

悪いことしたら悪いことが帰ってきよるし

良いことしたら良いことが帰ってきよるし

人を嫌いになったら人に嫌われるし

人を好きになったら人に好きになってもらえるし

全部因果応報なんちゃうかなと思います。

でもいくら良いことしても人を好きになっても全く良いことが帰ってこなかったり人に好きになってもらえなかったりすることもあるのかもしれません。

でもきっとその分は必ず来世で帰って来るのかもしれません。

知らんけど。

っていうか何かの宗教みたいで気持ち悪っ!

みんな今日のは忘れて!