続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

旅に出て4年が経ちました。

 

 

今から4年前の2014年6月12日に、当時住んでいたオーストラリアのゴールドコーストを離れてボクは世界一周に出ました。

早いものであれから丸4年が経ちました。

4年経った今は、心からの本音を言うと毎日毎日が満たされない日々を送っています。

こないだ2年ぶりくらいに大好きなオーストラリアに行きましたけど、あれだけ大好きだった、一時は永住権さえ狙ってたオーストラリアが、どうもあんまりピンと来なくなってました。

そのあと4年ぶりに訪れたニュージーランドもそうでした。

ニュージーランドのあと、55カ国目に訪れたフィジーは控えめに言ってもクソおもんなかったですし、そのあとタイのバンコクで約10日間、毎日毎日お金のことは気にせずやりたいことを好きなだけやってみましたが、心の底から楽しかったことは一度もありませんでした。

ヨーロッパに来てからはさらに毎日が虚しいです。

ヨーロッパに来るのはこれで3度目になりますが、ぶっちゃけヨーロッパって来るたびに少しずつ嫌いになっていってる気がします。

理由はいろいろあると思うのですが、たぶん一番の理由は先進国のくせに適当だったりええ加減だったり対応が無愛想だったりする国が多くて、ストレスがすごい溜まるんだと思います。

ヨーロッパって生活水準は先進国やのに発展途上国で受けるような対応が多いと思うんですよね。

もちろん優しい人達や人情味のある人達もたくさんいるしヨーロッパの中でも好きな国はありますけどね。

そんな感じで完全に旅に飽きてしまってるんですが、やっぱりまだ行ったことない国には行ってみたいという思いもありますし、楽しみだという感情は残ってます。

今回でいうなら、ジョージア、トルコ、ブルガリア、中東、エジプト、モロッコ南ヨーロッパがそれらにあたります。

それらに行き着くまではたして我慢出来るかどうかというのがポイントですね。

毎年我慢出来ずに台湾に戻ってますからね。

あとはインド、ネパール、ミャンマー

そして中南米

もうさっさと全部周り終えて台湾に永住したいなぁというのが本音です。

最近では将来台湾でやりたいレストランも、うっすら考えるようになりました。

それはまあいいとして

最近思うのはめっちゃ楽しかった思い出というのは必ず誰かと一緒やったような気がします。

つまりけっきょく1人旅でほんとに1人になるほど、虚しくなっていくものなのじゃないのかなぁと思います。

逆説的にいうたらいかに人間関係が大切かってことですよ。

人間は人間でしか満たされない仕組みになっとるってことですよ。

知らんけど。