続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

Imagine

 


※今日のこの話はどうか話半分で読んでほしいです。鼻で笑うくらいで読み飛ばしてもらえればそれでいいです。かなりキモイと思うので。

 

 

 

 

 

『Imagine』 by John Lennon


Imagine there's no heaven
It's easy if you try
No hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today


Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace


You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one


Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the word


You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

 

天国も地獄もなくて上には空があるだけです。人々はただ今日を生きてるんです。

国なんてなくて殺したり死んだりする理由もなくて宗教さえもなくて人々はただ平和に生きてるんです。

所有することもなくて欲もなくて飢えることもなくてみんな兄弟みたいにこの世界をシェアして生きてるんです。

あなたはそんなの夢物語って言うかもしれないね。

でもきっとボクは1人じゃないはず。

いつの日かあなたもボクと手を繋いで。

世界は一つになるんです。

 

 

 

 

 

100年後かもしれないし500年後かもしれないし1000年後かもしれませんが、確実にジョンレノンがイメージした通りのImagineの世界に人類は少しずつ少しずつ向かってるということにボクは気づいたんです。

いつ?

2018年10月20日土曜日の午後です。

どこで?


f:id:hiyokocurry:20181113085237j:image


ここです。

ここはモロッコのシャウエンの山の上です。

でも気づいたからって今日明日すぐにImagineの世界になるわけではないです。

なぜならImagineの世界に辿り着くには全人類が真実の愛に目覚めないといけないからです。

でもボクも含めてまだまだ人類は魂が未熟だから頭で理解したとしても真実の愛に目覚めることは現世では不可能に近いんです。

だからボク達は現世を生きたのちに死んで、新しく生まれかわって来世を生きて、そしてまた死んで生まれかわって、何度も何度も人生を繰り返しながら未熟な魂を磨いていくのです。

魂はボク達の胸の奥に存在してるんです。

悪いことをして罪悪感を感じたとき胸の奥が苦しくなるでしょう?

人を傷つけてしまったとき胸の奥が苦しくなるでしょう?

それは愛と真逆のことをしたから魂が苦しんでるんです。

誰かに優しくされたとき胸の奥が震えるでしょう?

誰かを愛したとき胸の奥が震えるでしょう?

それは愛を感じた魂が喜んでいるんです。

魂はボク達の胸の奥に確かに存在するんです。

夜空に浮かぶ無数の星空のように、ボク達の魂も無数に宇宙に存在していて、誰かの魂と触れ合っては離れ、触れ合っては離れて、お互いを磨きあって、真実の愛に向かって少しずつ少しずつ進んでいるんです。

でもどうして真実の愛に目覚めないと人類はImagineの世界に辿り着くことが出来ないのでしょうか。

Imagineの世界では国も宗教も仕事もお金も所有も欲もない世界です。なのに人類は飢えることも争うこともなく、みんな兄弟のようにお互いを愛し世界をシェアして今日を平和に生きることが出来るんです。

なぜなら真実の愛に魂が目覚めた人間には、ある能力が備わるからです。

それは想像したことが現実に起こるという能力です。

たとえばですが

(鳥のように空を自由に飛び回りたい)
(今すぐあの惑星に瞬間移動したい)

そう思ったことが全て目の前で現実として起こるのです。そういう能力が備わるんです。

素晴らしい能力だと思いませんか?

でも

この能力は

逆説的にいうなれば

(あいつムカつく死ね!)
(あの飛行機落ちてしまえ!)

これもまた思った瞬間に目の前で現実として起こってしまうんです。

もっと言うと

(こんな地球なんて爆発してしまえ!)

思った瞬間です。

一瞬にして全てが無くなってしまうんです。全人類が、地球上の全ての生命が、一瞬で滅んでしまうんです。

恐ろしい能力だと思いませんか?

たった1人でもImagineの世界に真実の愛に目覚めていない魂が未熟な人間が存在してはならないんです。なぜならたった1人の恐ろしい想像で地球が滅びて全生命体が一瞬で終わりを迎えてしまうかもしれないからです。

だから少し前にボクはブログに書いたんです。

”ボクは魂が未熟なんだと思う”

http://zorroaroundtheworld.hatenablog.com/entry/2018/11/08/210759


覚えてますか?

ボクはたかだかハロウィンパーティで酔っ払ってた男との些細な些細ないさかいごときで(このクソボケ死んでしまえ!)って思ってしまったんです。その男を階段から蹴り落として顔面を踏みつけてる想像をしてしまったんです。

2018年10月20日土曜日の午後にモロッコのシャウエンの山の上で、人類は確実に真実の愛に少しずつ少しずつ向かっている。そう気づいたはずなのに。

そしてボクが残酷なことを頭に思い浮かんでしまうときの法則を見つけたんです。ボクが人を憎んでしまうときの法則を見つけたんです。

それは

「自分が正しいと思ったことを他人が受け入れなかったとき」

そのときにボクは頭に血が上りカーッとなって冷静さを失い、人を憎んで残酷なことを想像してしまうんです。相手が言い訳を始めると途端にカーッとなるのはそういうことだったんです。

だからボクの魂は未熟なんだと思い知らされたんです。

ボクがどれだけお金を寄付しようが

ボクがどれだけ人に優しくしようが

ボクがどれだけ人に微笑もうが

自分が正しいと思ったことを他人が受け入れなかった瞬間に頭に血が上りカーッとなって冷静さを失い残酷なことを思い浮かべてしまうのならば、そんなことくらいで人を憎んでしまうのならば、それはもうただの偽善者に過ぎないんです。

真実の愛の存在に、Imagineの世界の存在に、頭で理解して気づけた自分と、それに対して魂が追いつかず残酷な事を思い浮かべてしまう自分自身に、そのギャップにボクは悩み苦しんでいたんです。頭と魂のバランスが取れてないんです。

真実の愛に目覚めた人達は純粋に人を愛することができるんです。ボクのように残酷なことを思い浮かべることも人を憎むこともないんです。

なぜならこの世界は、この宇宙は、全て繋がっていることを魂で理解しているからです。

ボクはあなたなんです。

あなたはボクなんです。

そう頭で理解したところでボクはまだ魂で理解することができないんです。だからボクの魂は未熟なんです。

でも、きっと、ボクもいつか頭で理解するのではなくて、魂で理解できる日が必ず訪れると思うんです。真実の愛に目覚める日が必ず訪れると思うんです。

それは100年後かもしれないし500年後かもしれないし1000年後かもしれません。

でもそのときは必ず訪れると思うんです。

大好きな”to U”という曲の中でこんな歌詞があります。


今を好きにもっと好きに
なれるからあわてなくてもいいよ
人を好きにもっと好きに
なれるから頑張らなくてもいいよ


ボクみたいな魂が未熟な人間でも、必ずその日が訪れるから、あわてなくてもいいんだよって。頑張らなくてもいいんだよって。

そう言ってくれてるような気がしました。

心がふっとラクになりました。

そして今回の現世のボクにとって、本当に大事なことが分かったのです。

お金を寄付すること(シェアする気持ち)
人に優しくすること
人に笑顔で微笑むこと

もちろんこれらもとても大事なことです。なのでこれからも無理しない程度に続けようと思ってます。

でも

もっともっと

本当に本当に大事なことは

ボクが自分の思う通りにならなかったときに

・残酷なことを思い浮かべないこと
・人を憎まないこと

この2つだったんです。

そして実はもう1つあるんです。

・たった1人でもいいから純粋に人を愛すること

世界中の中からたった1人だけでもいいんです。その人を純粋に愛することができればいいんです。きっと、ボクはそのたった1人を知らず知らずのうちに探してるのかもしれません。だからずっとずっと旅を続けてるのかもしれません。

これがボクの今回の現世での試練なのかもしれないなと。

そう思うのです。

この気づきを忘れないために

この想いを忘れないために

ボクは39歳の誕生日の日に

2018年11月10日に

フランスのトゥールーズという町の宿の部屋の中でジョンレノンが想い描いたImagineを静かに歌いました。


”Imagine cover on my 39th birthday in Toulouse, France”

https://youtu.be/eW-kbZLL_P8

 

いつの日か本当の自分を愛せますように。

いつの日か本当のあなたを愛せますように。