続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

10%のお返し ~2018年度ヨーロッパ旅編~

 

 

これはもうほんとに恥ずかしい話なんですが、実は今年の4月オーストラリアに訪れた際に、ボクは昨年ヨーロッパ各国で稼いだ外貨をそのまま全て持ち運びで入国しようとしたんですよね。

なぜならボクはオーストラリアに口座を持っていて定期預金の年利が良いので旅が終わるまで預けておこうと思ったからです。

でもオーストラリアの法律で現金で10000ドル以上持ち運びで入国する際には税関に申告が必要なんですよ。Declareってやつです。日本でも確か100万円以上の現金は申告が必要やったと思います。

でもボクはほんまアホやから申告せずに入国しようとしたんですよね。そしたら今まで一度も無かったのに、たまたま今回に限って荷物検査に引っかかって荷物全開けされて「え?なにお前この大量の外貨?」ってなったんですよね。

けっきょく入国はさせてもらえたけどペナルティーで1050ドル持ってかれちゃったんですよね。

まぁでもぶっちゃけいつも10万円くらいは寄付してるわけだから、寄付したと思おうと。

そして今回の旅ではもうこのオーストラリアの1050ドルの分で寄付を相殺という形にしてしまおうと。

そう思ったんですよね。

だから今回ヨーロッパで寄付せずに帰ってきたんですよね。

でも無事に帰ってこれて今回の旅を振り返ったときに、そんなケチくさいこと考えてる自分がちっちゃいなぁと思ってしまいました。

だからやっぱり寄付することにしました。

ヨーロッパじゃなくてすいませんやけど、まぁこれは去年ロンドンで寄付したときにも書いたけど、どこに寄付するかとかあまり関係無くて、要は自分の懐から出す、シェアすることが大事なことなので、ここ台湾の児童福祉施設に寄付することにしました。

 

 

f:id:hiyokocurry:20181203172335j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20181203172357j:image

 

 

f:id:hiyokocurry:20181203172401j:image

 


今回は30000元(約10万円)寄付しました。実はこの児童福祉施設に寄付するのはこれで3回目です。ふふ。常連。

まぁまた最後に1つ、ちょっとだけ語らせてください。

もうこんなん言うまでもなくみなさん周知の通りなんですけども

ぶっちゃけボクってそない歌上手くないじゃないですか。

ぶっちゃけボクってそないギター上手くないじゃないですか。

ぶっちゃけボクの演奏って相当レベル低いじゃないですか。

ぶっちゃけミュージシャンでもなんでもないじゃないですか。

そんなことたまにアップしてるボクの演奏動画見ればわかるじゃないですか。

そんなボクの路上演奏でも数えきれないほどたくさんの人達がチップを入れてくれるからボクは生きていけるし旅も続けられるんですよね。

もちろんその国の路上に行き交う人達にどうすれば喜んでもらえるだろうか?と常に試行錯誤して努力はしてますよ、してますけども。

でもやっぱり圧倒的に


f:id:hiyokocurry:20181203172434j:image


ぶっちゃけこの看板やと思うんですよね。

日本人であることと旅をしてるってこと。

これに対して世界中のみなさんが

「頑張れよ!」
「良い旅をな!」
「日本好きやで!」
「幸運を!」
「楽しめよ!」

ってチップを入れてくれてるんですよね。

ボクは世界中の人たちの優しさで生きてることができてるし、旅を続けることができてるんですよね。

こんな大事なことやのにボクはほんまアホやからすぐに忘れてしまってそれが当たり前みたいになってしまってちょっと嫌なことあったらぶつぶつ文句ばっかり言ってしまうんやけど。

でも

「当たり前」じゃないんですよね。

「ありがとう」でしかないんですよね。

ぶっちゃけ言うけども、実はそのことをあらためて再確認出来るのはいつも決まって寄付しようかしまいか悩んでる時なんですよね。

いうても一生懸命ボクなりに頑張って稼いだお金なんで今だにまだ直前まで寄付しようかしまいか悩んでしまうんですよね。上にも書いたように今回はオーストラリアの罰金で相殺でええやろとか狡いこととかまで考えてしまうんですよね。

でも悩んだ末に決まっていつもこう思うんです。

「でもやっぱりこれだけたくさんの優しさを貰ってるんやから少しくらい返さなバチ当たるよな。ていうかオレかて1人の男として、1人の人間としてここまで優しさを貰っといて何も無しとかさすがにあり得ないわ。むしろ逆に少しくらい返させて欲しいわ。じゃないと自分が嫌になるわ。デイビッドに貰った優しさを忘れたらあかん。忘れたらあかんで。」

そしてけっきょくボクは寄付するんです。

ありがとうが当たり前になってしまうのが怖いから。

もっと言うと

自分自身を嫌いになってしまうのが怖いから。

もっともっとドロドロした本音をさらけ出すと

不思議なことにそれが後々何倍にもなって返ってくることを既にボクは身を持って知ってるから。

下心がすごい。

でもこれが今現在のボクの等身大です。

でもボクも純粋に人に優しくなりたいって思うよ。

それこそデイビッドみたいに。

いつかあんな大きな男になりたいです。

とにかく

今回も無事に帰ってくることができて本当に感謝です!

ヨーロッパ各国でボクの旅を応援してくださったみなさん!

みなさんが応援してくれたからボクは何不自由なく、むしろ贅沢過ぎる旅をすることが出来ました!



f:id:hiyokocurry:20181203172523j:image


少しですが世界にお返ししますね。

本当に本当にありがとうございました!