続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

孫を見れる人生か見れない人生かのボーダーラインに立ってる

 


3年ぶりに地元大阪に一週間だけ帰りました。

ボクはそんなに友達が多い方ではないですが、できる限り会いたい友達に会おうと積極的に連絡して遊んでもらいました。


f:id:hiyokocurry:20190302102943j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102646j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20190302102845j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102729j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302103002j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102735j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302103018j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102915j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102825j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102856j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102957j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102710j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102652j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102723j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102636j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102923j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102850j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102704j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102807j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102629j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102813j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102756j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102749j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102938j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102950j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102801j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102740j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102901j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102717j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102905j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302103012j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102640j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102910j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102657j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302103007j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190302102817j:image


やっぱり日本は最高でした。

食べ物も、接客も、街の綺麗さも、人々のモラルも、便利さも、何もかも全てが世界最高峰でした。

本当に本当に素晴らしい国だと思いました。

こんな素晴らしい国、世界に2つと無いです。

まさに天下無双。日本は天下無双でした。

あとやっぱり女の子かわいいわ。

日本の女の子、世界一かわいいわ。

オシャレやしスタイル抜群やし肌めっちゃ綺麗し。

ボク当たり前やけど日本語全部分かるし最強だわ日本。

話を戻して急に帰って来て急に連絡したのにもかかわらず、みんな笑顔であたたかく迎え入れて遊んでくれたのがとても嬉しかったです。

帰ってきた初日は毎度おなじみケイコちゃんファミリーと夜ごはん。モモちゃんも5年生になってて2人目のハナちゃんは初めて会ったけどもう2歳になっててすごく懐いてくれてめちゃくちゃ可愛かったです。羨ましいなぁと心から思いました。女の子2人は反則やわ。

2日目は義理のオトンに挨拶に行きました。なんやかんやあったけどボクが顔を出しに来たことに喜んでくれてるのがすごくよく分かりました。仕事中やったのに2時間くらい手を止めて話してくれました。ボクが幼かった頃いろいろあった当時のことを初めて「悪かったな」と謝ってくれたのには驚きました。

実はこないだ友達と割とガチな喧嘩になりました。ボクの性格上、こいつマジでありえへん無いわと思った瞬間、完全にシャットアウトして縁を切ってきました。そういう人生を歩んできました。だからボクは友達が少ない方だと思ってます。でもそいつは今回揉めた事に関してはありえへんし無いわと思ったけど、それ以外は本当に本当に良いヤツやと思ってるので、初めて冷静にお互い納得するまで話し合いました。人間関係を構築していく上で今までのボクに足りなかったのはこういうことだったんじゃないのかなと初めて思いました。そんなことを義理のオトンに話したら「今までのオマエがそんな風な人間関係しか築けなかったのはオレとオカンのせいやったかもな。悪かったなと思ってる」そんな風に謝ってきました。驚きました。

これを機会に、これからはボクは友達の悪いところが見えたとしても、こいつありえへん無いわと思う局面が来ても、シャットアウトして縁を切るんじゃなくて、それ以外の良い所を探して、冷静に話し合って解決していけたらなぁと心から思います。ボクだってありえへん無いわと思われる欠点がたくさんあるはずだし。

オトンに挨拶したあと、夜はケンタと焼肉に行きました。そのあとは初めて美咲ちゃんにも会いました。もう本当に本当に本当に素直で優しくて大人しくて良い女の子でした。マジでケンタにぴったりやと思いました。なんて羨ましいカップルなんやろうと心から思いました。そういえば美咲ちゃんに会う前に何か甘い物でも買っていってあげようぜとケンタとスーパーに買い物行ったんですが、おあいそ1440円でボク1439円あってケンタに1円あるか?って聞いたら無くて「ほなこの9円取って10円出して」って言うたら10円も無かったんで「すいません1円まけてもらってもいいですか?」ってボクが店員さんに言うたらケンタにめっちゃ「ここ日本やでゾロてぃん!1円足らんだけで合うまで夜中までかけてレジ点検する国やで!」って言われました。店員さんも苦笑いしてました。いやもちろん半分冗談やったんですけど割と素な感じで言うてしまったボクはやっぱり少しずつ感覚がズレていってるんやろなぁと思ってしまいました。日本人としての。

3日目の昼はまたケイコちゃんファミリーとランチして公園や家で遊んでまったりと過ごしました。やっぱりモモちゃんハナちゃんが可愛い過ぎて羨ましかったです。もっかい言うけど女の子2人は反則やからね。

夜はケンタを連れて堺東のほてい寿司に顔を出しに行きました。15年ぶりくらいでした。大将もひとみさんも金田さんも最初ボク見ても誰か気づかなかったくらいでした。気づいた後は驚きに変わって、その後は笑顔になってあたたかく迎え入れてくれました。お寿司や一品を食べながら昔話に花を咲かせました。当時同期だった仲間たちもそれぞれ独立して自分のお店を持ってたり、中には3店舗も経営してて有名店になってて大成功してたり、女優になっててるろうに剣心に出演してたりと、みんな頑張ってるし、やっぱりみんな結婚して子供もいて、なんやったらその子供達もすでに働いてたりしてて、もうほんとボクは何をいつまでもぷらぷらぷらぷらしてるんやろかと思ってしまいました。

15歳から見習いで修行した堺東のあのお店はボクにとって故郷なんやなぁと思いました。大将もひとみさんも金田さんもみんなみんないつまでも元気でいて欲しいなぁって思いました。ていうかもう25年間も経営してること自体がすごいわ。奇跡だわ。いまだに繁盛してたし。ほんとすごいお店でボクは修行させてもらってたんやなぁ。

4日目の昼はTinderでマッチングした女の子と中之島のGARB WEEKSっていうオシャレなカフェでランチしました。めっちゃ綺麗な女の子が来て驚きました。日本マジすごいよね。台湾でたまにTinderしてるけどあんな綺麗な女の子来たこと無いわ。写真より本人の方が圧倒的に綺麗なんやもん。驚いたわ。話も弾んで楽しかったです。

夜はボクがカレー屋を経営してた時の超常連さんで、お店を畳んだ後も何かとお付き合いしてくださってたご夫婦のマンションにお邪魔しました。いきなり連絡したのにも関わらずボクを主役にホームパーティを開催してくださって、お友達の方達を紹介してくださったりして、なんやかんやで深夜の2時過ぎまで飲んで食べて話してと最高に楽しい時間を過ごしました。ソウタ君も7歳になってて大きくなってて素直で良い子になってて羨ましいなぁと思いました。お友達の方が2歳の女の子を連れて来てたんですけど、これまたメロメロになってしまうくらい可愛くて。マジでもしボクにこんな可愛い女の子が出来るのなら今すぐ全てを辞めて良い人見つけて結婚して日本に住んでお店やろうと心から思いました。それで本当にあんな可愛い子が手に入るなら。

それから腰抜かすほど驚いたんですが、VRを初めてやらしてもらいました。バーチャルリアリティ、仮想空間ってやつです。ゾンビに襲われるやつと深海に降りて行ってサメと遭遇して襲われるやつです。特にもうゾンビのやつがありえない。ほんまありえない。ここまで来たかと。ついに人類はここまで来たかと。これはもういくら言うても伝わらないですわ。実際に体験してみないとわからないです。はぁ。今思い出してもゾッとするわ。

5日目の昼はまたまたTinderでマッチングした女の子と北浜のオシャレなカフェでお茶したんですが、これほんまなに?日本なに?また写真よりはるかに綺麗な女の子が来て驚きました。やっぱり話も弾んで楽しかったです。ていうかやっぱり日本語同士で話せることが素晴らしいと思いました。その反面、周りの知らない人達の会話が聞こえてきても全て分かるし、ボクが話すことも周りの知らない人達が全て分かってしまうという環境があまりにも数年ぶり過ぎてすごく戸惑ったし気を遣いました。そういえばケンタと電車乗って移動してる時も2〜3回くらいケンタに「ちょっとゾロてぃん恥ずかしいから喋んのやめて!」って言われました。

夕方くらいに王将に行って飯食うてたらめっちゃ偉そうな男の人が入ってきて「持ち帰りや!」って中国人の女の子店員さんにめちゃくちゃ偉そうにぶっきらぼうに注文してて、とても嫌な気分になりました。

夜はケンタに借りたギターを弾きながら久しぶりに1人で晩酌しました。実はここ2カ月前くらいからお酒ほぼ飲まなくなったんですよね。ええことですけど突然なので自分でも驚いてます。それと並行して辛い物も苦手になってきました。晩酌のお酒とアテはコンビニで買ったんですけど、もう凄いわ日本のコンビニの品揃え。ほんまにすごいわ。こんな国マジで世界に無いわ。

この日の夜は少し病んでしまいました。なんかほんまにいろいろ思うことがあり過ぎて。ボク果たして日本に戻ってこれるのかな?ちゃんと生きていけるのかな?結婚できるかな?子供できるかな?そんなことをポロポロとギターを弾きながら考えてました。メンヘラ!

6日目の昼はミナミでBohemian RhapsodyiMaxで観ました。最近Queen知りたてだったので面白かったです。Queenヨッシーに教えてもらいました。こんなにボーカルが天才なバンドだったなんて知らなかったんです。初めてヨッシーからLINEで送られてきたBohemian Rhapsodyを聴いたとき全身鳥肌が立ったのを覚えてます。

夜はWayneファミリーと梅田の居酒屋でディナーをしました。Wayneはジャマイカ生まれマイアミ育ちの黒人の大男で、ボクがカレー屋を経営してるときに英語の勉強のために外人バーに行きまくってるときがあって、そんときに出会いました。めちゃくちゃ優しくて良いやつで、歳もタメだったこともありすぐに友達になって数えきれないほどいろんなとこに一緒に遊びに行ったりホームパーティに招待してもらったりしました。そのうち日本人の女の子と付き合うようになって、ボクがオーストラリアに住み始めた後にその子と結婚しました。去年くらいに子供が生まれたのも聞いてたので会うのが本当に楽しみでした。実に7年ぶりでした。

Wayneの子供も案の定めちゃくちゃ可愛いくて心から羨ましかったです。

Wayneがボクの英語が上手くなったことにマジでビビってましたけど、ボク自身もWayneと話してて全て理解出来てしまってる自分に驚きました。昔は分かってないのにReally?で誤魔化してたのになぁ。

けっきょくWayneもボクも飲み足らず話し足らなかったので、奥さんには本当に申し訳なかったんですけどWayneと2人だけでWayneの行きつけのバーに行きました。

卓球ができるバーでかわいい女の子の店員さんやフレンドリーなオーナーさんとも仲良くなってWayneとも話が弾み過ぎてけっきょくお店が閉まる3時まで飲んでしまいました。めちゃくちゃ楽しかったし、なんやかんやで出会いはあるかもなぁと思いました。大阪帰ってきたとしてもこんな風に友達と遊んでたら、良い出会いに繋がったりすることもあるのかなぁなんて。(卓球バーの店員さんがかなりタイプでした)ちょっと心が楽になったかな。

最終日は案の定2日酔いでした。フライトが夕方なのでそういえばお好み焼き食うてないなぁと思って目に付いたお好み焼き屋さんに入りました。ランチ時だったのですごく混んでて1人用の席に着いたんですけど店員さんがめっちゃ申し訳なさそうに一つ隣にズレてもらえないでしょうか?って言うので、もちろんですとズレると本当にすいませんありがとうございます!って言うから大袈裟やなぁ日本っぽいなぁと思ってたらほどなく男性2人組みがやって来て1人がボクに「すいませんありがとうございます」って言うてきてビビりました。「いえいえぜんぜん!」ってボクが言うたら間髪入れずにもう1人の男性も「すいませんでした!」って言いながらペコリと頭下げてきて、いくらなんでもtoo muchやなぁと思ってしまいました。

やっぱりなんやかんやで日本は気を遣うなぁ。

気疲れするはずだわそりゃ。

そんなこんなで関空に行って免税店で友達にお土産を何点か購入して台湾に戻りました。SIMフリーiPhoneも買ったし本もたくさん買ったしこの1週間でアホみたいに金使ったのでまた頑張らないと。

ピーチで帰ったんですけど桃園国際空港着いたときキャビンアテンダントがアナウンスで最後に「ピーチを選んでくださり、ほんまおおきに」って言うたのがちょっと面白かったです。

日本、最高でした。

マジで楽しかったです。

日本が大好きになりました。

でもやっぱりボクはそれと同じくらい台湾が大好きなんですよね。

ほんと迷うなぁ。

孫が見れる人生を選ぶのか。

そうじゃない人生を選ぶのか。

日本に住むのか。

台湾に住むのか。

人生は自分のチョイスで変わっていくから。

自分のチョイスで変えられるのが人生だから。