続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

サンマの塩焼きバスキングのススメ

 


みなさんコマ回しのテツ覚えてます?

ボクのブログでは2年前のパリ編で出てきたやつなんですけど、当時テツは18歳でした。今は20歳になったのかな。怖ぇよ。まだハタチかよ。

コマ回しが神技で当時もパリでバスキングしてたんですけど、まさに鳴かず飛ばずという言葉がしっくりくるくらい、素晴らしい技術とパフォーマンスなのに全然稼げなくて泣きそうになってたテツなんですけども、2年の月日を経て台湾で再会したんですけど、とんでもなく化けてましたね。

まぁ元々腕が本物なので1000ドルプレーヤーの素質あるなコイツと思ってましたけども、本物の一流のパフォーマーになっててビビりました。

聞くとオーストラリアで同じ土俵の大道芸系の一流の日本人ソロダンサーバスカーと出会って、その方に一から大道芸のイロハを教えてもらったそうです。

実はショーの内容自体は2年前とほとんど変わってないんですよね。やってることはほぼ同じなんです。

何が変わったかというと

2年前はただひたすら音楽を流しながら芸を披露してたんですよね。

でも今は、とにかく人だかりが出来上がるまで一切芸を披露しないんです。

ショーの時間は吉田兄弟の三味線の音楽に合わせて約3分ほどなんですが、人だかりが出来上がるまで一切始めないんですよね。

じゃあ人だかりが出来上がるまで何してんの?って話なんですけども、音楽を爆音で流しながら、ゆーっくり、ゆーっくり、と、ただひたすらゆーっくりと準備してるだけなんですよね。

だいたい約10分くらいかけて準備してるんですが、わざとゆーっくり、ゆーっくり、と準備しよるんです。

すると不思議なことに少しずつ少しずつ人だかりが出来上がってくるんですよね。

準備中3分に一回くらい小さな小技をサラッとやったりするんですけど、それがまた技がいちいち本物で凄いから集まってきた人だかりが散っていかないんですよね。

もうね、見てるこっちがヒヤヒヤするくらい人だかり出来上がってんのにテツぜんぜんパフォーマンス始めないんですよ。まぁ引っ張ること引っ張ること。

ほんでテツが満足するくらい人だかり出来上がったら、そこからMCを入れて音楽を吉田兄弟に変えてショーが始まるわけですが、そのMCの時に最終最後に人だかりをもっと手前に誘導しよるんですよ。

一度でも大道芸見たことある人なら分かると思います。もうちょっと前に来てください!あと3歩前にお願いします!的なあれです。

そして満を持して芸を披露するわけですがテツの場合、本物ですからね。芸が。

動きやキレ、それに終わり方の分かりやすさも大道芸人のそれになっててあまりの成長ぶりにボクはもう泣きそうになりましたわ。なんならテツは息子でもおかしくない年齢ですからね。怖っ。

人だかり作るのに10〜12分、ショーが3分。

1時間に3〜4ショー出来ればオッケーって感じみたいですね。

何回かショーを見てたんですけど、100発100中で人だかり作りよるんですけども、あいつ自分が満足するくらい人だかり出来なかったら辞めよるんですよね。音楽止めて片付けて、もっかい始めからやり直しよるんですよ。集まってた人達の頭の上に「?」て出てましたからね。

マジ強気。本物は違うよね。

何回か見てて気づいたんですけども、さっきも書いた人だかりを手前に誘導するあれ。あと3歩前にお願いします!的なあれです。

実はあれこそが大道芸の稼ぎの1番のハイライトやなと。

あそこが境界線やなと。

人だかりを手前に誘導出来たらそのショーは成功なんでしょうね。見てた感じおそらく8割がたチップ入りますね。

そして誘導出来なかったらショーをやらずに片付けてまた一から準備をやり直せばいいわけです。

うーん。

同じバスカーでも音楽系とはビジネスモデルがぜんぜん違うんですね。

非常に勉強になりました。

人だかりを作るポイントは「何してんのかわからん」ことです。

もう4年前くらいになると思うんですけども、ボクがメルボルンでゆりなちゃんと2人で夜の川沿いでバスキングしてたとき、日本人の大道芸人が話しかけてきたことがあるんですよね。

その大道芸人が言うてました。


「人はなぜ立ち止まると思う?それはね、何をしてるのか分からないから立ち止まるんだよね。何をしてるのか分かると人は去ってしまうんだよ。だからもし俺が歌を歌うなら最初はギターを構えて腕を上げて空を見上げて何もせずに動かずに待つよね。何してるのか分からないと必ずポツポツと人が集まってくるからね。そしてある程度集まったところでジャーンと弾き始めるんだよ。」


人だかりを作るプロは目線とか考え方が違うもんやなぁと感心したもんでした。


それと同じことをやっぱりテツもやってるんですよね。


すごいなぁ。ほんとに。人は成長するんやなぁ。


今現在、間違いなくテツは世界にたった1人しかいない大道芸人です。


話は変わって、バスカー仲間みんなで居酒屋で飯食うてたんですけども、ナオちゃんがサンマの塩焼きをめちゃくちゃ綺麗に食べるとこを見てボクは閃いたんですよね。これは大道芸になる!と。しかもなかなかなのビジネスチャンスや!と。


実際ナオちゃん本人にも強く推奨して一瞬ナオちゃんもちょっとその気になったんですけどやっぱり絶対やらない!と笑いながら言うてたんで今からその内容をここに書きますけども、もしこれを読んでて「よし!やろう!」って人が出てきたら嬉しいです。くだらんと思う人も多いかもしれませんけども。


簡単に言うと箸を使ってサンマの塩焼きを綺麗に、頭、骨、尻尾の状態にするっていう芸です。


こんな状態↓

 


f:id:hiyokocurry:20190624203148j:image

 


まぁ日本人なら練習すれば誰でも出来るようになるでしょうね。焼き上がりすぐならなおさら簡単に出来ます。


実際ちょっとその気になったナオちゃん本人と一緒に同じ居酒屋に行ってサンマの塩焼きを4匹注文して4匹全てを頭、骨、尻尾の状態にするのをタイムトライアルで測ったところ、平均2分ちょいで4匹全て見事に綺麗に頭、骨、尻尾の状態になりました。30過ぎのおっさん達が集まってやることか!と。


これを前述した大道芸のビジネスモデルに当てはめて行きます。


例えばホコ天の、万人の人が行き交うど真ん中で、爆音で音楽流しながら、袴かなんかの衣装を来て、ガスコンロで網を置いてサンマを焼いてるんです。もう絶対確実に人だかり出来ますよね。間違いなく人だかり出来ます。自信あります。


看板には魚の絵と箸の絵と日本の旗を描いて、芸名も決まってます。


 "Fish&Chopstick"


です。


察しの通りフィッシュ&チップスに掛けてます。


BGMはいろいろ考えたけどやっぱり例のあれでしょうね。


さかなさかなさかな〜♪さかなを食べると〜♪


これ一択でしょうね。


これを爆音で流しながら袴来て道端でサンマ焼いててみ?確実に人だかり出来上がるから。


片面焼くのに5〜6分、つまり焼き上がるまで10〜12分です。この間に人だかりを作りあげます。


そして焼き上がったところで音楽を止めてMCです。


"Ladys and Gentleman! Thank you for waiting! My show is very verv short about 3min! Please come close 3steps more! Thank you!"


例の手前に誘導するステップです。


人だかりを3歩手前に誘導したところで3分くらいのBGMを流します。


実際2分くらいで頭と骨と尻尾の状態に出来てしまうので、合間にちょっと大袈裟に難しそうに動いてみたり、ちょっとした箸芸、例えば指先で箸をポールペンみたいにクルクル回す小技を披露したり、画用紙にカンペみたいに「サンマが生涯に泳ぐ距離はどれくらいでしょう?」「答えは800万kmです!」ええ!そんなに泳ぐの!?とか入れてみたりして。(※注、適当です)


ほんでもう最後の最後、頭と骨と尻尾になる直前に音楽を変えて、例えばターミネーターのダダンダンダダン!とかにして


ジャジャーーーーン!!!


と最終最後に頭と骨と尻尾の状態になったサンマを頭上に掲げてフィニッシュです。


1回のショー約15分。1時間に3〜4回できます。


これ冗談抜きでヨーロッパとかオーストラリアとかバカウケすると思うんですよね。


Fucking amaging Japanese! Omg! Crazy Japanese chopstick skills!!!


とかみたいになってYouTubeとか物凄い再生回数とかされそうやし、芸が磨かれていくうちになんやったら各国のゴッドタレントとかに出てもおかしくないんちゃうかなと思います。そんくらいポテンシャル秘めてると思うんですよね。


外国の人達は魚があんな風に頭、骨、尻尾になった状態、アニメとか以外で見たこと絶対ないはずなんですよね。それを日本人特有の箸でやるわけですからね。日本食ブームは世界中にあるので誰もが一度や二度は箸を使ったことのある外国人がほとんどな上に、その使い方の難しさを知っとるわけですからね。もはや神技ですよ外国人からしたら。


どうでしょうか?


くだらんと思いますか?


日本人なら誰でも出来ると思います。


でもやってるやつは今のところ1人もいません。


そこがポイントなんです。


やるか、やらんか。


今から始めた人は間違いなく世界にたった1人だけの大道芸人になると思います。

 

ただ最後に唯一の問題点があって、後処理です。

 

犬か猫のペットでもその場にいれば、捌いたサンマの塩焼きをポンと置いてペットが食べれば笑いが起きるでしょうし、食べなくてもまた笑いが起きるでしょう。でもそんなペットを連れて世界を旅出来ませんからね。それになんかかわいそうやし。

 

自分で食べるにしても1日4匹、これが週に5日続くことを考えたら軽く鬱になりますよね。もう見るのも嫌になりそう。ていうか体に異変が起きそう。

 

ちなみにナオちゃんがやらない理由としては「サンマを嫌いになるくらいならやらない。ボクはサンマを美味しく食べれる人生を選びます」だそうです。ボク爆笑して死ぬかと思いました。

 

この後処理問題の良いアイデアさえあれば完璧だと思うんですよね。


最後の最後に中途半端なままではございますが、以上、サンマの塩焼きバスキングのススメでした。


ご静聴ありがとうございました。