続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです

巡る巡る巡る

 

f:id:hiyokocurry:20190721175734j:image


ノブくん家でお世話になるのも最終日。

最後にまたまたノブくんが自慢の手打ちうどんを打ってくれました。安定のクッソ美味さ。最後につけダレをお湯で割って飲むのがまた美味いんですよねー。

それにしても2週間あっという間でした。

ほんまにノブくんのおかげで楽しいスコットランドライフを満喫出来ました。

ノブくんマジでありがとう!

まぁノブくんこのブログ知らんけどな!

そしてまた5日後に会うんやけどな!

しかもそん時は太一くんも追いついてきて3人で遊ぶしな!

ところで話は最後の手打ちうどんから数時間前に遡るんですけど、この街では最後のバスキングだったんですけど、ボクがいつもやってる場所に行ったら若いホームレスっぽい兄ちゃんが紙コップ持って立っててアカペラで歌ってたんですよね。

その兄ちゃんボクを見た瞬間に「ごめん、歌うよね?いつもやってるもんね?」って言いながら去ろうとしたんで「いやいや、いいよ。違う場所でやるから大丈夫よ」って言うたんですけど、兄ちゃん遠慮してどっか行ったんですよね。

でも急にクルリと踵を返してきて「ごめん、小銭持ってない?」って聞いてきたんですよ。

ボク最後にノブくんの銀行口座借りて全て紙幣に替えた後だったんでほんまにコイン持ってなかったんですよ。仕方ないから財布から5ポンド紙幣を出して兄ちゃんの紙コップに入れてあげたら兄ちゃん軽くステップ踏みながらタバコ買える!言うてどっか行ったんですよね。

まあそんなことがありまして。

翌日の朝ノブくん家を出て次の街に移動するために電車に乗ったんですけど、車内でチケットのチェックでおばちゃんが来たんですけど、その時にボクが世界中を周りながらバスキングしてるのをBBCラジオで聴いたらしく(数日前に歌ってたら取材受けた)、あなたでしょ!ってなっていろいろ話したんですよね。

ほんでしばらくしたらおばちゃんまた戻ってきてボクに5ポンド紙幣を渡してきたんですよ。Enjoy your trip!って言いながら。もちろん断ったけど無理矢理手に握らせてくれました。

すごい嬉しかったの同時に「帰ってくんの早っ!」って思いました。こんなことってある?巡るよねって。

ほんで次の街に着いて早速バスキングしようと街中を歩いてたら


f:id:hiyokocurry:20190721175811j:image

 


f:id:hiyokocurry:20190721175816p:image


ノブさんおるし!笑

ノブくん家から出たらノブさんに会うてもうなにこれややこしい。

これさすがに誰も覚えてないやろなぁ。

もう3年前くらいになるけどノブさんは元々ボクのブログの読者で、タイのチェンマイに滞在してたときに、バスキングに興味があるから会いたいです!って言われて会ったんですよね。

そのあとノブさんほんまにバスカーになって台湾でも再会したし、なんやったら一緒に麻雀したし、そん時にビーストソウルのノリさんとめちゃくちゃ仲良しになってたし、てか今でも思うけどビーストソウルて!ネーミングセンスよ!


f:id:hiyokocurry:20190721175849j:image


話逸れたけどノブさんおるし!笑

いやほんとビックリしましたわ。

ノブさんもビックリしたのと同時に「あ!だからか!」みたいな顔してボクに「もしかしてゾロさんBBCラジオ出なかった?演奏してたらめっちゃ言われたんだよね。俺じゃないのに不思議やなって思ってたけどゾロさんだったんだ」って言うてました。

せっかくの再会やったんですけどノブさん今日が移動日みたいで、また5日後に同じ街でかぶるみたいなので、そんとき飲みに行きましょう!と約束して別れました。別れ際ノブさんの演奏を数曲聴かしてもらったので5ポンド紙幣をギターケースに入れました。巡れよ巡れ。

てか初めてノブさんの生演奏聴かしてもらったけど、ハンパねぇわ。完全にプロのミュージシャンやん。ボクのインストとかマジでうんこやなと思いました。

はぁ。

まぁもうすぐボクも旅終えるから音楽で飯食うことはなくなるんやろうけど、それでも趣味としてギターは一生続けたいと思うから、めげずに頑張ろう。ノブさんだって最初はズブの素人のはずやったんやから。

比べたって仕方ないけど、ちょっと落ちたな。