続・ゾロのそぞろ歩き

世界一周ゾロのそぞろ歩きの続きです。5年半に渡る世界旅を終え、現在YouTuberとして活動しています。

水の都ヴェネチア!2回目!

 


太一くんがやられてしまいました。

しかもボクの目の前で。

今ボクらはナポリにいるんですが、到着して駅前を歩いてるときから、まるで別の国に来たみたいでした。

治安悪い治安悪いと聞いていたナポリでしたけど、想像以上でした。

ナポリ2日目の夜でした。

22時くらい。

貸し切りの宿なので町外れにあって、その宿に帰ってる途中、大通り沿いだけど、かなり薄暗い夜道を歩いていると、歩道を乗り上げて後ろからバイクが数台、ボクらを追い抜いて行きました。ノーヘルの2ケツの10代の子供達でした。

3台目の最後のバイクだけフルフェイスの大人っぽい男が乗ってるバイクだったんですけど、しばらくしたら前の方からそのフルフェイスのバイクだけがUターンして戻ってきました。

え、なんやろ?1台だけUターンして戻ってきよったなぁ。

そう思ってたらなぜかそのフルフェイスのバイクがスピードを落としてゆっくりボクと太一くんの間を突っ切ろうとしてきました。(大きな歩道だったので2人の間を突っ切らなくてもスペースが充分あった。)

え?なんで?

そう思ってボクが体を退けぞるようにバイクを避けた瞬間でした。

バイクの男が太一くんの真横で止まった瞬間、チカラづくで太一くんのショルダーポシェットを奪い取ってバイクで逃げて行きました。

とっさに太一くんは追いかけたけどわずか5歩くらいで諦めてその場に立ち尽くして呆然となってました。一瞬で100m先だったので手も足も出ないです。

ボクも呆然でした。

一瞬。

一瞬でした。

めちゃくちゃ怖かったです。

目の前で、まさかあんなにチカラづくで強引に奪い取られるもんだなんて夢にも思っていませんでした。

ひったくりってね、なんていうかもっとこう

「気づいたら無かった!やられた!」

的なね。

そんな技術的な犯罪やと思い込んでたので、まさかあんな正々堂々と真正面からチカラづくで強引に奪い取るもんだなんて知るよしもなかったんでね、もう呆然とするしかなかったです。

怖い。

とにかくめちゃくちゃ怖かったです。

そこからなんとか宿に戻りましたけど、太一くんの顔、しばらくずっと真っ青でした。

太一くんのショルダーポシェットにはパスポート、クレジットカード、現金500ポンドなどなどが入ってたみたいで、今日はこれからパスポートの再発行やらなんやら大変です。

クレジットカードも無くなったので、いったん旅を中断して日本に戻らざるをえない状況になってしまった太一くん。

ボクもめちゃくちゃ悔しいし腹立たしいです。

ボクの目の前で起きたのに、1歩も動けず何も出来ませんでした。

なんか前からUターンしてきたな?なんで?

なんでオレらの間をわざわざ突っ切ろうとするの?


そう思ったのに!!!

今回太一くんと2人旅を始めるにあたってね、最初アムステルダムの空港で合流したときに1つだけルールを作ったんですよね。

「太一くん1個だけいい?これから2人旅をするにあたって1個だけルールを作ろう。貴重品だけはお互い絶対に気をつけて死守しよう。それだけはお互いに気をつけて、あとは全力で楽しもう。」

「確かにその通りですよね。どっちかがそうなったら空気も悪くなるだろうし迷惑もかけるだろうし、なによりせっかくの楽しみが台無しになってしまいますもんね。わかりました。お互い貴重品の管理だけはキッチリしましょう。」

そう2人で決めてたのに!!!

めちゃくちゃ悔しい!!!

いやマジでナポリ怖ぇわ。

治安悪い治安悪いって聞いてたけども。

人間の悪意を目の当たりにしてもう怖いです。

たぶんもう2度とナポリに来ることはないと思います。


ただホテルを今週末まで取ってしまってるので1週間はナポリにいないとダメなんですよね。


次の街はローマなので、ローマもどうせ治安悪いやろから早く移動してもあんま意味ないと思うので。


怖い。


あと4〜5日もナポリで滞在とかツライ。


暮らすように旅してナポリを好きになるために10日間はナポリで暮らそうって太一くんと話してたんですけど完全に裏目に出てしまいました。


でもありきたりの事を言うと、ほんまに2人とも怪我とか無かったのが不幸中の幸いです。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 


f:id:hiyokocurry:20191022141608p:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022141603j:image


去年も来ましたけどあまりにも素敵だったので今年も来てしまいました。


水の都ベネチア

 


f:id:hiyokocurry:20191022141801j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20191022141805j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022141750j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022141754j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022141747j:image

 


ドア開けていってきまーす!ってボートに乗って出かけていくんですね。ベネチアですもんね。

 


f:id:hiyokocurry:20191022142109j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142113j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142055j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142105j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142059j:image

 


今回の目的は夜のベネチアを散歩することでした。

 


f:id:hiyokocurry:20191022142224j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142236j:image

 

 


f:id:hiyokocurry:20191022142322j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142241j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142245j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142326j:image

 


f:id:hiyokocurry:20191022142229j:image

 


去年大絶賛した人生で一番美味しかったシーフードスパゲティのリストランテ


今年は残念過ぎることに味がグンと落ちてました。


味付けは塩っ辛くてパスタの茹で加減も柔らかめでとても残念でした。

 


f:id:hiyokocurry:20191022142332j:image

 


初めてItaloに乗ってナポリへ。


片道100ユーロもするのに車内はキツキツで荷物置きも狭くて大したことなかったです。


車内で太一くんがナポリのことを少し調べながら言うたんですよね。


ナポリそこまで大して治安悪いわけじゃないみたいですね。まぁ大丈夫でしょう。」


「いやいや太一くん、そういうときが一番危ないねんで。慣れてきたときが一番危ないねんで。マジで気をつけよう。」


そんな会話してたのに!!!


悔しい!!!